美肌菌を増やしてうるおいキレイ肌 肌フローラを整えるコスメも

美肌菌を増やしてうるおい肌に

誰もが持っている美肌菌。
増やせば、うるおいや肌のキメ、バリアが整います。

今回は美肌菌を増やして、肌のキメを整えること。
キメが整えば、毛穴にも。

これは自分で増やすことはできます。

でも、もっと手軽なのは、美肌菌が増えるコスメです。

肌フローラを整える美肌菌コスメもご紹介します。

【育菌】美肌菌を増やしてうるおい肌に

美肌菌の増やし方

肌には「皮膚常在菌」という細菌がいます。
腸内細菌と同じで、善玉菌と悪玉菌がいます。

今回は美肌菌という善玉菌ついてです。

美肌菌が増えると、肌にうるおいやキメにも。

汚肌が美肌にかわるかも。

もうちょっと具体的に美肌菌を増やす方法を見ていきましょう。

【育菌】美肌菌を増やす方法

美肌菌を増やすには

美肌菌を増やす方法は、スキンケアにありました。
増やす方法はこちら。

  • 美肌菌コスメで増やす。
  • 毎日のスキンケアで増やす。

コスメの研究も日々進んでいます。
肌につけると育菌をするコスメもたくさん。
手軽に美肌菌を増やすことができます。

まずは、話題の美肌菌コスメをご紹介します。

でも、毎日のスキンケアでも育菌できますよ。

美肌菌コスメで手軽に増やして美しく

美肌菌はコスメで増やすことができます。

間違った洗顔やストレスなどで減る美肌菌。
肌フローラを整えて、肌トラブルに働きかけます。

その美肌菌コスメは【クルノセル】です。

美肌菌を増やすコスメは最近話題でたくさんできています。
でも、肌の菌の力となるオリゴ糖などが多いんです。
表皮ブドウ球菌がはいったものはすくなめ。
しかも、このクロノセルは、美肌菌高配合。

また、クロノセルはどちらかというと、ヒト幹細胞がメインです。

  • 3つのヒト幹細胞培養液
  • 3種のグロースファクター(成長因子)
  • 美肌菌

この3点がメイン成分となって、角質層を整えます。
医学誌にも掲載された話題の美容液なんです。

再生医療から生まれたヒト幹細胞培養エキス。
肌本来の力を目覚めさせ、整えます。
キメが整い、ツヤあふれる弾力肌に期待ですね。

今、注目されています。

⇒美肌菌とヒト幹細胞美容液「クロノセル」で内側から輝く肌に

毎日のスキンケアで美肌菌を増やす方法

スキンケアで美肌菌を増やす

美肌菌は毎日のスキンケアがとても大切になります。
ケアの方法で、増やすことも、減らすこともできます。

乾燥やうるおい不足が気になりはじめていませんか?

それは間違ったスキンケアになっているかもしれません。
肌の菌活は毎日の正しいケアからです。

クレンジングでメイクをキレイに落とすこと

夜は1日の汚れやメイクをしっかり落とします。
落とし残しのないように。

クレンジングは肌によくないイメージですか?
以前のように肌に悪いものばかりじゃないんです。
研究されているコスメは肌を考えて作られています。

保湿成分の入った化粧品、洗顔、クレンジング。
どれも乾燥を防ぐために研究されてきました。

ですから、あなたにあった正しいクレンジングが必要です。

クレンジングって、どう選んでいますか? 肌にやさしいからと洗浄力の弱いクレンジング選んでいませんか? 毎日使うものだから、適当に選んではいけない...

夜の洗顔はやさしく

洗顔をすると美肌菌はどうなるのでしょうか?

答えは、流されてしまいます。

じゃあ洗わないほうがイイのではありません。
肌の汚れや余分な皮脂、雑菌などを落とさなければいけません。

ですから、肌にやさしく洗うことが大切です。

肌を泡でやさしく洗えば、皮膚表面の美肌菌はおちます。
でも、角質層にいる美肌菌はちゃんとのこります。

ゴシゴシ洗いは厳禁ですからね。

お風呂はぬるく短めにはいること

温かいお湯にゆっくり使ってデトックスなんて聞いたことあると思います。

でもこれ、肌に悪い習慣です。

長いお風呂にはいってしまうと、角質層をふやかします。
角質層がこわれてしまいます。

ですから、短めのお風呂にします。
15分以内がいいですよ。

スキンケアコスメは美肌菌を減らさないものを使う

肌にいいはずのスキンケアコスメ。
でも、コスメによっては美肌菌を減らしてしまっていることも。

防腐剤やアルコール入りは美肌菌を減らします。
また、乾燥しやすくするので、成分をよくみましょう。
無添加のものがいいですね。

軽い運動で美肌菌のエサをつくる

寝る前にちょっとした運動をしましょう。

運動をする理由は、汗や皮脂をだすためです。
せっかく洗顔でキレイにしたのに、なぜ汗や皮脂なのか。

それは、美肌菌が増えやすい環境になるということです。

適度な水分は増えやすい環境に。
汗や皮脂はエサとなって美肌菌を増やします。

睡眠中に8時間から12時間をかけて、増えていきます。

ぬるま湯朝洗顔で美肌菌を残す

美肌菌を寝ながら増やしたら、朝の洗顔に注意です。

朝の洗顔をする方は多いと思います。
寝ている間も汚れますからね。

でも、美肌菌を増やすなら、ぬるま湯でやさしく洗いましょう。
洗顔料をつかってしまうと、増えた美肌菌が落ちてしまいます。

【肌断食】化粧をしない日を作って育菌を

化粧をすると落とさなければいけません。
しかもクレンジングをつかってしっかりです。

これは、美肌菌によくありません。
ですから、1週間のうち1回でもメイクをしない日をつくるといいですよ。
肌断食ですね。

もちろん、ノーメイクだけじゃなく、増やす意識をもちます。
朝も夜も水で洗顔。
肌には極力やさしくです。

美肌菌を増やすまとめ

美肌菌を増やすまとめ

美肌菌を増やす方法はいかがでしたか?

今までは毎日のスキンケアで長い時間かけなければいけませんでした。

でも、今では美肌菌コスメがあります。
直接増やし、肌を整えることができます。

美肌菌を増やせばキレイになれる。
でも、そもそも美肌菌とはなんなのか。
詳しく見ていきましょう。

美肌菌とは?

美肌菌とは?

人の肌には約20種類の常在菌がいます。
その中の美肌菌は、キレイになるための菌。

肌の状態を整える【表皮ブドウ球菌】です。
この美肌菌の主な働きはこちら。

  • 天然の保湿成分グリセリンを分泌する。
  • 悪玉菌を減らすペプチドを作る。
  • 肌を弱酸性に保つ物質を作る。

さらに、

  • うるおいのある肌に
  • キメが整った肌になる
  • 透明感のあるクリアな肌になる
  • シミシワの目立たない肌になる
  • 肌トラブルの少ない肌になる

このような状態にも期待できます。

育菌ポイントはすでにお伝えしたとおりです。

美肌菌コスメと毎日のスキンケアですね。

じゃあ逆に美肌菌を減らしてしまう原因をおぼえておきましょう。

美肌菌を減らしてしまう原因

美肌菌を減らしてしまう原因

美肌菌について詳しくわかりました。

美しくうるおった肌には美肌菌がいるということです。

では増やす方法とは逆に減らしてしまう原因をしりましょう。
やっちゃいけないことを見直すことができますからね。

美肌菌を減らす主な原因

  • 肌のさわりすぎ
  • 化粧水や乳液のつけすぎ
  • 肌を不潔にしている
  • ストレス

肌のさわりすぎはダメージに

美肌菌が肌にいるなら逆ものものいます。
悪玉菌や雑菌です。
普段、肌を必要以上にさわっていると、雑菌をふやしてしまいます。

まだ、ダメージも増えて乾燥しやすい肌に。

洗顔やスキンケアの時も注意しましょう。
さわりすぎは肌への刺激です。

スキンケアコスメはつけすぎず成分をみる

肌にいいからといって、化粧水や乳液のつけすぎもよくありません。

また、成分によっては美肌菌を減らしてしまっています。
アルコールは美肌菌をへらします。

無添加がいいですね。

肌を不潔にしている

肌のさわりすぎと同じように、肌は清潔にです。
肌を不潔にしていると、雑菌がふえます。

善玉菌によくありません。
また、肌への刺激にもなります。

肌の環境を整えることも大切です。

ストレスは美容の敵

過剰なストレスは美容によくありません。

肌の環境もわるくします。
例えば、過剰な皮脂が分泌されます。
肌のターンオーバーも乱れがちに。

ストレスは肌だけじゃなく、体にもよくありません。
たまる前に解消できるといいですね。

美肌菌まとめ

美肌菌についていかがでしたか?

善玉菌や悪玉菌と聞くと、腸内環境をイメージしますよね。

肌にも菌が存在し、守ってくれています。

今までのように、保湿コスメを使っていればいいものじゃないんです。
肌のうるおい、ハリツヤには菌活が必要ですよ。