ウォーキングでキレイになる 歩くを意識して美しくなる

歩いてキレイになる

今回は歩いてキレイになれるです。

ウォーキングってエクササイズになります。

しかも、ダイエットだけじゃないんです。

  • 体調が良くなる
  • 気分上昇
  • ボディラインがキレイに
  • 美容効果

他にも、いいことたくさんあります。

歩くって誰もが自然にやっているエクササイズ。

でも、今の人は歩く機会がへっています。

今こそ歩くことを意識してみましょう。

得られるものたくさんですよ。

ウォーキングでキレイになる

歩いてキレイになる

歩くことは誰もができるエクササイズですよね。

毎日歩きます。

お金も時間もなくても歩けます。

いつでもできるエクササイズなので、ちょっと意識して歩いてみましょう。

ウォーキング全身運動で美容効果

全身で歩いてキレイになる

ウォーキングというとダイエット目的でしている方が多いかもしれません。

ダイエットには走ること、ランニングがいいと思われがちです。

でも、走ることは体に負担がかかります。

心肺や関節に負担がかかります。

走るのが辛いと、続けることができなくなります。

その逆でウォーキングは体への負担が少ないです。

しかも、歩くことは毎日します。

全身運動なので、体がしまります。

まずは、なるべく多く歩くことを意識してみましょう。

美しくなるために意識したい4つのウォーキング

歩いてキレイになる

ただ歩くのもいいのですけど、せっかく歩くなら、より効果的な歩き方ですよね。

ちょっと歩き方を意識するだけ。

健康、ダイエット、美容効果とうれしい効果です。

正しい歩き方なら、体への負担もへります。

歩くための靴は間違えないこと

まず歩くための靴をえらびましょう。

ヒールの高いものでは歩けませんよね。

でも、逆にかかとのないフラットの靴もよくありません。

衝撃を吸収するものがいいですね。

また、靴のなかじき調整もいいですよ。

全身をつかって歩くとボディを引き締める

歩く時は全身をつかうようにします。

なるべくヒジを後ろに引くことを意識しましょう。

下半身だけであるくことのなりように。

背筋をしっかり伸ばして、腰ひねるようにあるきます。

歩く幅は大きめです。

歩くフォームを意識することが大切です。

歩数や歩く早さよりも、歩き方が重要ですよ。

ヒジを後ろに引いて腕をふって歩く

全身をつかってあるくと同じように大切なのが、腕のふりです。

大きく腕をふってあるくことがポイント。

でも、腕を前後にふるわけじゃないんです。

大切なのは、ヒジを後ろにひくことです。

これは肩甲骨のまわりをうごかします。

肩こりや40肩などの腕のトラブルは、肩甲骨がこっているから。

女性にとって肩こりってたくさんの人の悩みです。

普段から肩甲骨をうごかすといいですよ。

O脚や脚のゆがみを治す

女性がキレイにみえるには、シルエットが大切です。

うしろから見た、姿勢や髪、脚など、すらっとしてると目をひかれますよね。

でも、女性はヒールとかはくと、足首まわりがここりがち。

O脚女子も多いですよね。

そんなときは、ストレッチでゆがみ解消です。

股関節、足首、ふくらはぎや太ももなど、いつのまにか疲れがたまっています。

コリをほぐして、O脚やゆがみの改善です。

関節が柔軟になると、ゆがみだけじゃなく、腰痛やO脚の解消につながります。

ストレッチって運動前後しかやらないイメージです。

でも、毎日のボディケアにとりいれましょう。

ウォーキングの効果はキレイになるだけじゃない

歩くと健康になる

ウォーキングと聞くと、ダイエットや健康のためにあるくイメージですよね。

でも、歩くことってそれだけじゃないんです。

  • 生活習慣病の改善
  • 免疫力アップ
  • 腸内フローラが整う
  • ストレス解消
  • 頭の回転力アップ
  • 美容効果
  • エイジングケア
  • 脂肪燃焼

ウォーキングはダイエット目的ではじめる人が多いと思います。

でも、脂肪燃焼だけじゃないので、積極的にあるくようにしたいですね。

ただ、歩き方次第なので、正しいウォーキングをしましょう。

ウォーキングの効果を高める正しい歩き方

キレイな女性は姿勢がキレイ

正しく、健康的に歩く人はしっかりと腕ふれています。

そして、体全体をつかってあるいています。

すでに美しくなる4つのウォーキングでお伝えしました。

  • 腕を後ろへふる
  • 少し大股であるく
  • 全身をつかってあるく
  • 姿勢よくあるく
  • 少し早歩き
  • リズムよく気持ちよく

ウォーキングが逆にストレスにならないようにしましょう。

キレイになる自分をイメージするといいですよ。

私は、帰りの電車を駅1つか2つ手前でおりてあるいています。

バッグを持っているので、ちょっと歩きにくいですけどね。

肩掛けをやめて、バックパックにしようか迷っています。

ガシガシあるいていたら、夜道の怖さも半減します。

まとめ

ウォーキングはいつもの歩き方とは違う歩き方をしましょう。

歩くことは、みんなしますよね。

でも、現代の人の歩く量はかなり少ないです。

移動手段が増えて、歩くことってすくなくなりました。

歩くことが減った今、意識しなくてもできるエクササイズをしなくなりました。

キレイになるためには意識して歩くようにしましょう。