美肌になる食事とは? キレイになるための食生活改善方法

A woman with beautiful skin

美肌の女性ってキラキラしていて憧れますよね。

メイクよりも、やっぱり本物の美しい肌がほしいです。

でも、美肌って年齢だったり、環境だったり、なかなか手に入らないものです。

美しい肌は、スキンケアも大切ですけど、食生活の改善も大切です。

この記事では、美肌になる食事の改善方法をお伝えします。

食生活改善で美肌が見えてくるかも。

美肌に良い食事とは?

Pretty women are in good condition of eating

体の外側からのスキンケアは基礎化粧品ですよね。

そして、体の内側から美肌をつくるには食事です。

キレイな体をつくるには、野菜をたべるイメージがあると思います。

でも、野菜だけ食べていれば美肌がつくられるわけじゃないんです。

バランスの良い食事です。

その中でも、美肌に効果的な食材、栄養素が野菜に多いということです。

それでは、美肌に良い食事と改善方法をみていきましょう。

美しい体には野菜 キレイになるたべもの

Eat vegetables to become a beautiful body

美肌をつくるには野菜です。

野菜にはビタミン類や食物繊維が多く含まれています。

美白にはビタミンCがいいとよく聞きますよね。

そして、他のビタミン類も肌を酸化させることをおさえる抗酸化作用があります。

他には緑黄色野菜に多く入っている、βカロテンです。

肌にダメージを与えてしまう紫外線対策やストレスなどがあります。

そのダメージを除去するには抗酸化作用のある栄養素をとるといいですよ。

肌を作るたんぱく質

egg

野菜も大切ですけど、肌をつくるたんぱく質も大事です。

たんぱく質は人の体を作るには必須です。

肌だけじゃなくて、筋肉や髪の毛など、細胞をつくるために必要なんです。

カロリーや脂を気にして肉を食べないようにするのはよくないですよ。

美肌にはタンパク質も必要です。

肌にいいポリフェノールはチョコレートから?

chocolate

ポリフェノールはエイジングの原因になっている活性酸素に対抗してくれます。

しかも、ポリフェノールはそれだけじゃなくて、アレルギーや血管、血圧にも良い効果がきたいできます。

そんな肌にいいポリフェノールはチョコレートです。

チョコレートといえば、カカオですよね。

カカオにはポリフェノールが豊富で、コーヒーよりも多く含まれています。

肌の水分量の低下や紫外線ダメージによってできる赤みにもポリフェノールが効果的だと言われています。

他にも、血圧やこころにもいいのがチョコなんです。

でも、食べすぎると太るから心配ですよね。

欧州ではカカオポリフェノールを摂取する実験が行われ、結果メリットが高いことが認められています。

ただ、チョコレートはカロリーが高いものがあるので注意です。

ポイントはカカオの比率が高いものです。

カカオ80%とかいいですよね。

高カカオチョコレートではポリフェノールなどの効果が期待できます。

でも、体重には影響しない量をとるのがいいですね。

美白肌にはビタミンCやリコピン

Tomato and lemon

美肌には白さも必要ですよね。

そんな美白にいい食材がビタミンCやリコピン、セラミドなどです。

ビタミンCはレモンやグレープフルーツなどの柑橘系に多いです。

リコピンと言えばトマトですし、セラミドは大豆ですよね。

ビタミンCよりもすごいのがビタミンC誘導体です。

若いころのツケは確実にせまってきます。 肌は紫外線やダメージを蓄積します。 気がつけばシミだらけに。 後悔してもやり直しはできません。 メイクで...

アンチエイジングには欠かせないアスタキサンチン

Astaxanthin rich Ikura

アスタキサンチンは、ビタミンの何倍もの抗酸化力を持っています。

サケやエビ、カニなどの赤い部分はアスタキサンチンなんです。

抗酸化作用がかなりつよいんです。

なんとビタミンCやリコピンよりも抗酸化力がつよいんです。

野菜をたくさん食べるのが苦手なら、サーモンなどをとってもいいですね。

↓アスタキサンチンの詳細はこちらをどうぞ

アスタキサンチンは抗酸化力がとても高く、肌の酸化防ぐ効果が高いです。 美肌を保つには肌の酸化予防が必須。 それが老化、しわを防ぐ大切なことなんで...

美容に効くスーパーフードと美容ドリンク

スーパーフードは、栄養素がたっぷりすぎるほど入っています。

毎年色々と出てきますけど、流行りだからじゃなく、栄養素がすごいので、毎日少しずつとりたいですよね。

最近では、ホワイトチアシード、キヌア、ココナッツオイルなど、流行りましたよね。

美容ドリンクですけど、サプリよりも肌に感じる実感から人気です。

肌向けに、コラーゲンやビタミンC、ヒアルロン酸、セラミドなど肌のための成分たっぷりです。

ちょっと肌の調子がわるいなと感じたら、飲んでみてください。

意外と肌が違ってうれしいです。

乾燥肌のための保湿食事がある?

乾燥する肌のためには保湿をします。

スキンケアでいうと、化粧水や美容液ですよね。

でも、食事からでも保湿成分をとることができます。

乾燥肌の方のための成分は、

  • たんぱく質
  • ビタミンA、B、E、C
  • オメガ3
  • ヒアルロン酸

たんぱく質はすでにお伝えした通り、肌をつくるには必須です。

よくダイエットをしている人に足りなくなる成分です。

不足すると乾燥肌になりやすくなります。

ビタミン群は肌のターンオーバー正常化や肌のバリア機能を上げる効果があります。

ほかにも、抗酸化作用やコラーゲンの生成促進など、美肌に効く効果ばかりです。

↓乾燥肌を食事でなおすはこちら

乾燥肌、敏感肌に悩む人が増えています。 原因は環境や年齢、スキンケアの方法、ストレス、食事など色々あります。 特に乾燥する季節やエアコンの部屋などは...

脂性肌にいい食事

脂性肌の方は、皮脂の分泌をちょっと考えてみましょう。

皮脂は悪いものではなく、肌を守ってくれているものの1つです。

でも、皮脂の分泌が多いと、肌がテカったりニキビの原因にも。

肌改善はすぐにはできません。

ですから、食生活の改善を続けることです。

皮脂を分泌をコントロールするビタミンB2やビタミンB6です。

レバーや納豆、卵に多く含まれています。

ニキビや吹き出物にはビタミン

脂性肌の方や、脂肪分のとりすぎなど、肌に余分な油分によって、にきびはできやすくなります。

ニキビを抑えるには、皮脂の分泌に注意してみましょう。

ビタミンB2、B6は脂質の分泌を抑える働きがあります。

ナッツ類や卵、乳製品です。

他には緑黄色野菜や魚介類にも豊富です。

脂肪が多い食事はダメ

fast food

オイリー肌の方で意外と間違った食事が脂質を抑えた食事を食べていることです。

化粧品や疲れだと思いこんで、食事は考えてなかったりします。

ファストフードや菓子パンはひかえめに。

肌のくすみには糖化をふせぐこと

糖化がすすむと、肌のいろがかわっていきます。

肌が黄色になってしまいます。

肌のくすみ対策には、糖化です。

美肌に必須 シワやたるみを改善するものは?

美しい肌でいるために、たるみやシワを少なくしたいですよね。

そんなシワやたるみには、保湿のためのコラーゲンが必要です。

野菜は多すぎて食べられない!そんな時は?

美肌をつくるには、野菜が必要なのはわかりました。

でも、食べる量が多いです。

しかも、加熱すると栄養素が流れ出してしまうことがあるので、生野菜がオススメ。

でも、毎日食べるにはつらいですよね。

美肌のための食生活改善方法

Meals making skin beautiful

美肌のための食事を知ると、今までの食生活ができなくなりませんか?

私は肌荒れがひどかった時、朝ごはんとお菓子を見直しました。

また、腸内環境が体にも肌にも大きく影響することをしりました。

そして、積極的にヨーグルトや納豆を食べるようにしました。

食生活を改善するには、まず現状をしることからです。

どんなものを食べているか?

足りなものはなにか?

自分のからだはどんな状態なのかをしることから始めてみましょう。

今なにを食べていますか?

キレイな体を手に入れるには、食生活改善が必須です。

ダイエットをはじめるにも、今なにを食べているのかを見直してみましょう。

最近どんな食事や間食をしていますか?

まずは、ノートに食事内容を書きだしてみて下さい。

食事の内容をメモする

1週間、2週間、何を食べていたのかしることからはじめます。

でも、そんな前のこと覚えていないですよね。

ですから、覚えているところから始めて、これからどんなものを食べたかメモしていくといいですね。

スマホのメモアプリに書いておいてもいいですね。

そして、どんなものを食べているのかがわかります。

足りない栄養素や摂りすぎのもの。

栄養バランスが傾いているのがわかりやすくなります。

主な食材の栄養素はこちら

厚生労働省 食事バランスガイド

キレイな栄養を吸収しやすくする腸内環境

腸内環境、そして腸内活動をよくするためには腸内機能の正常化が必要です。

胃や腸というと、消化器官です。

食べた物を消化するのが普通ですけど、年齢と共に消化機能がおちていきます。

食べたものが消化されにくいと、胃や腸に負担がかかります。

それが胃もたれや消化不良をおこしてしまいがちに。

そんな胃腸を正常にするには、体内時計を整えること。

いつも同じ時間に食事をとることで、消化液の分泌が整います。

他にもよく噛んでたべることも。

まとめると。

  • 食事の時間を決まった時間にする
  • よく噛んで食べる
  • 食べ過ぎない
  • 睡眠の3時間前から何もたべない

この4つは、すぐにでも実行できます。

胃腸に負担をなるべくかけないことです。

腸内環境は、美肌だけじゃなくて、免疫にも関係しています。

  • 乳酸菌
  • 発酵食品
  • オメガ3
  • 食物繊維
  • ストレス解消

腸内環境改善に良いといわれているものです。

いつもおなかに溜めてしまう人には食物繊維。

善玉菌を増やす、乳酸菌や発酵食品と良質な脂質です。

腸内環境を整えると、肌がキレイになっちゃうんです。 腸内環境って、美容にも健康にも、関わりがとても大きいんです。 肌だけじゃなくて、体がだるかっ...

めぐり力を上げて栄養を肌に送る

めぐり力とは、吸収されたものが体にいきわたりやすくなることです。

食事でとった栄養分は、腸内が吸収されます。

そして血液によって各場所に栄養素がおくられます。

逆に不要なものも血液が運んでくれます。

血行がいいと体全体に栄養がわたりやすくなります。

このめぐり力をあげるには、低体温を改善し血行をよくします。

体の冷え改善は、運動や食事が大切です。

栄養素を体中にめぐらせるために、腸内環境の改善が必要かもしれません。

肌荒れやニキビが出てきたら、ちょっと腸内環境がわるくなってるかも。

改善して、良い栄養素を吸収しやすいようにしましょう。

肌を美肌に生まれ変わらせる

肌をキレイにするには、肌の生まれ変わりを考えてみましょう。

肌のターンオーバーは古くなった肌から、新しい肌へと生まれ変わらせることです。

この肌ターンオーバーを早すぎたり、遅すぎたりせず、正常にしましょう。

シミになるメラニンを排出してキレイな新しい肌をつくります。

肌荒れになりやすい食生活とは?

Meal making rough skin

美肌のための食事がわかったところで、次は肌に悪い食生活です。

せっかく食生活を改善しても、お肌に悪いことを続けていたら意味がありません。

美味しいもの好きなだけ食べたいけど、美容のためには控えるようにしたいですね。

ファストフードやパン食、スナック菓子

Hamburger

食事をささっとすませたい時、ファストフードたべちゃいますよね。

脂質の多いハンバーガーやポテト、糖分たっぷりの炭酸ジュースは、肌にいいはずないですよね。

ファストフードだけじゃなく、菓子パンやスナック菓子もおなじです。

肌荒れならまだいいですけど、ニキビ、吹き出物がでてしまうこともあります。

まとめ

美肌を作る食事はいかがでしたか?

美肌のために色々と食べたいものがたくさんあることがわかりました。

キレイな肌を目指すためには、野菜だけじゃだめなんです。

ビタミンばかりじゃなく、タンパク質やリコピンやアスタキサンチンがおすすめ。

そして、バランスの良い食事です。

でも、やさいの量は多くてなかなか食べられません。

手軽に補える、サプリメントがいいですね。