シミを抑えて美白効果のビタミンC誘導体とは? 厳選コスメ3選も

シミのない美しい肌にはビタミンC

若いころのツケは確実にせまってきます。
肌は紫外線やダメージを蓄積します。
気がつけばシミだらけに。

後悔してもやり直しはできません。
メイクでごまかすしかありません。

シミ、シワが出てくると一気に老けてみえますもんね。

今回は誰もがしっている、『ビタミンC誘導体』についてです。

ビタミンC誘導体は、メラニン色素を抑えたり、活性酸素の除去まで。

しかも、ただのビタミンCに改良がくわえられたものが誘導体です。
浸透力、安定性が高められ、美肌にほしい成分なんです。

 

認められた効果 シミにビタミンC誘導体

ビタミンCの多い柑橘類

シミ、シワ、ニキビなど、美白に効果があるといわれている、ビタミンC誘導体。

これは厚生労働省も認め、クリニックでも処方されている美白成分の1つです。

古くから使われている美白成分です。

 

ビタミンC誘導体とは?

誰もが知っているビタミンCはよく聞くと思います。
食べ物だとレモンやいちご、アセロラに多く入っていますよね。

でも、ビタミンC誘導体とはなんなんでしょうか。

ビタミンC誘導体とは: ビタミンCは、抗酸化作用、美白に効果があります。しかし、不安定な物質で壊れやすく、スキンケアとしては肌の奥までとどきにくい成分でした。 それを改良して安定させ、化粧品にも配合しやすく、また肌の内部に届きやすくしたものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体が肌に浸透すると、中で酵素反応しビタミンCになります。

誘導体は、浸透しやすく改良されています。
ビタミンCの抗酸化作用が角質層で働きやすくなったんですね。

そんなビタミンC誘導体の美白効果や種類、注意点をまとめました。

スキンケアアイテムを選ぶ際の参考にして下さい。

 

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体の効果は、シミ、美白、にきびの他にも、シワやたるみなどにも。

ビタミンC誘導体の効果

  • 抗酸化作用(酸素によってサビつくお肌を守ります。)
  • コラーゲンの生成促進(保湿、しわやたるみの予防)
  • メラニンの還元作用(シミを消し、美白)
  • 新陳代謝をうながす(肌のターンオーバーの正常化)
  • 皮脂分泌の調整(にきび、脂性肌によるテカリの予防)

これらの効果が認められている成分なんです。

ただ、ビタミンC誘導体の効果がすごいからといって、誰でもどんどん使っていいものでもないんです。

使う際の注意点があるので、知っておきましょう。

 

ビタミンC誘導体の注意点

ビタミンC誘導体の注意点

ビタミンC誘導体には使う際に注意することがあります。

  • 皮脂分泌コントロールによってさらに肌が乾燥してしまう
  • ビタミンC誘導体の種類によって効果が違う
  • 化粧品によって、配合量で効果が違う

 

肌が乾燥する場合がある

ビタミンC誘導体の効果の1つに皮脂分泌のコントロールがあります。
脂性肌や肌のテカリをおさえるには効果的なんです。

でも、乾燥肌の方がビタミンC誘導体を使うとどうなるのでしょうか?
余分な皮脂をおさえて皮脂の分泌量がさらにへります。
肌が乾燥してしまうことがあるので注意です。

特に、乾燥肌や敏感肌の方はテストをしてから使うといいですね。

また、化粧品選びはビタミンC誘導体と他の成分にも注目して、保湿ができるもがオススメです。

 

ビタミンC誘導体の種類によって効果が違う

ビタミンC誘導体には種類があります。

  • 水溶性
  • 油溶性
  • 両方の性質

をもったものがあります。

ビタミンC誘導体がはいっているからといって、適当に化粧品選びはやめましょう。
効果がみられなかったり、自分にあわなかったりする場合があります。

では、ビタミンC誘導体の種類を特徴を見てみましょう。

 

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性の大きな特徴は、即効性です。
化粧水のようなローションに使われていることが多いです。

  • アスコルビン酸グルコシド
  • アスコルビルエチル
  • リン酸アスコビルマグネシウム(APM)
  • リン酸アスコビルナトリウム(APS)

 

油溶性ビタミンC誘導体

水分と油分を合わせたもので、クリームや美容液に使われています。

肌の刺激も少なく、美容液など保湿成分を含んだ化粧品につかわれます。
乾燥肌の方でも。

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • ステアリン酸アスコルビル

 

両方の性質をもつ両性ビタミンC誘導体

水溶性と油溶性の両方の特徴をもったビタミンC誘導体です。
その浸透力はかなり高く、注目されています。

ビタミンCの100倍の浸透力をもつといわれています。

ただ、価格が高いのです。

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)
  • イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)

 

【厳選】ビタミンC誘導体美白コスメ3選

ビタミンC誘導体が配合されているコスメです。

選び方のポイントは、

  • 水溶性のビタミンC誘導体
  • 美容成分

成分表にはビタミンC誘導体と記載されていないので注意です。
リン酸アスコルビル㎎やエチルアスコルビン酸と書かれています。

ビタミンC誘導体の中でも期待できるコスメです。

  1. 【薬用】メイミーホワイト60
  2. 【ETVOS】バランシングラインセット
  3. 【ビーグレン】QuSomeローション

【薬用】メイミーホワイトは60秒で即効型!

メイミーホワイト60で即効美白

メイミーホワイトは即効性のあるクリームです。
たった60秒クリームを塗り、洗い流すだけ。
肌表面の汚れ、毛穴の汚れを吸着。

そして、キレイになった肌に美容成分ですね。
メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ効果があります。

薬用ですので、一定の濃度の有効成分がはいっています。
メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぎます。

ビタミンC誘導体のほかにも、美白保湿成分配合。

  • プラセンタエキス
  • ヒアルロン酸
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体

さらに8種の植物由来の美容成分も。

顔だけじゃなく、首や手にも使うことができます。

スキンケアアドバイザーへの相談もできます。
信頼できる会社が製造販売しているので、安心です。
また、全額返金保証もあるので試しやすいですね。

⇒たった60秒で理想の美白!『メイミーホワイト60はこちら

 

【ETVOS】バランシングラインセットでつる肌に

エトヴォスで美白する

エトヴォスのコスメセットです。

  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 美容クリーム
  • 部分用美容液

ニキビ、肌荒れ、くすみ、毛穴、肌環境の改善に。
トータルケアで大人の肌悩みにアプローチ。

ビタミンC誘導体は、3-0エチルアスコルビン酸という名で配合されています。
これは、水溶性の性質をもっています。

水溶性ビタミンC誘導体の化粧水。
油溶性ビタミンC誘導体のクリームの両方です。

そのほかの美容成分も、

  • ヒアルロン酸
  • ヒト型セラミド
  • グリチルリチン酸
  • プラセンタ
  • リピジュア

など、保湿成分もたっぷりです。

部分用のクリアジェルもついて、メイクの上から気になるとこへも使えます。

7つのフリーで肌への不安も心配なし。

ライン使いを試したいならエトヴォスです。
お試しセットなので、初回1,900円と格安です。

⇒エトヴォス【バランシングセット】でつる肌にはこちら

 

【ビーグレン】QuSomeローションで透明感のある肌へ

ビーグレンで美白肌へ

すごいのがビーグレンの独自浸透テクノロジーです。
QuSome(キューソーム)です。
美白成分のハイドロキノンを極小カプセルで包みます。
普通のハイドロキノンは水溶性なので、肌バリアにはじかれます。
でも、ビーグレンはカプセルによって守られます。
そして、問題のある場所まで届けるんです。

2種類のビタミンC誘導体を含む、4つの美容成分で美肌へとみちびきます。

  • ホメオシールド(角質を整え肌をなめらかに)
  • アッケシソウエキス(肌のバリア機能を作る)
  • VCエチル(環境を整え健康な肌へ)
  • EDP3(肌を整え内側から弾力を与える)

ビタミンC誘導体は3-0エチルアスコルビン酸の水溶性です。

ホメオシールドとアッケシソウは植物由来。

EDP3はオリゴペプチドと呼ばれるEGF(成長因子)です。
ヒトの体に存在し、肌の活性化と弾力アップです。

肌のバリア機能や美肌には、角層環境を整えること。
そこに着目して、あらゆる肌状況に働きかける化粧水です。

  • 肌のよれ
  • 透明感
  • 毛穴
  • 乾燥
  • ハリ

美容液やクリームをライン使いで効果も上がります。
ゴワゴワ肌を柔らかくするにはこれです。

⇒ビーグレンで頑固なシミを消すにはこちら

 

まとめ

結果的にシミ対策、美白効果をたかめるなら、新型の両性をもったビタミンC誘導体がいいですね。

成分表には、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと書かれていたり、APPSとも書かれています。

他にはビタミンC誘導体配合のパックも持続して成分を送るので、効果的です。

シミ、抗酸化作用、新陳代謝など、美白効果の高いビタミンC誘導体。

シミ消しに期待できますが、注意点を確認してから使ってみてくださいね。

コメント