女性ホルモンを整えてキレイになる方法 エストロゲンを増やす?

女性ホルモンを整えてキレイになる方法

ここでは女性ホルモンを整えて、キレイになる方法をお伝えします。

女性にとって、女性ホルモンはとっても大切。

美肌や美髪など、女の体をつくる必須なものです。

さらに、イライラや疲れなど、たくさんのことに関係しています。

今回は美しくなるためにどうすればいいのかご紹介します。

女性ホルモンが乱れるとどうなると思いますか?

美しい女性でいるためには常に整えておきたいです。

そこで、整える方法や乱れさせない方法をご紹介します。

女性らしい本来の自分を手に入れましょう。

女性ホルモンはみだれやすい。キレイになるにはホルモンを整える

女性ホルモンを整えてキレイな女子へ

美肌や美髪をつくる女性ホルモン。

美しい体を保つには、女性ホルモンを整えることです。

実は女性ホルモンは増えません。

しかも、年齢とともに減っていきます。

では、キレイでいるためにはどうしたらいいのか見ていきましょう。

女の体をつくる女性ホルモンの基礎知識

まずは女性ホルモンの基礎知識を頭においておきましょう。

女性ホルモンは2種類あります。

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

この2種類の女性ホルモンは、脳の指令でだされます。

分泌される場所は卵巣からです。

エストロゲンとは:排卵の前に多く分泌されます。妊娠するために必要です。バストやヒップなど、女性らしい体をつくります。美肌、美髪のために働いてくれます。
プロゲステロンとは:排卵後に分泌が多くなります。エストロゲンとは違い、体温が上がったり、腹痛やだるさが起こったりします。体はむくみやすく、イライラすることも多くなります。ふとりやすくなることも。しかし、妊娠にはエストロゲンと同様に必要なものです。妊娠後は減ることなく出続けます。

特にエストロゲンは女性らしいからだを作るもの。

  • 肌のハリつや
  • 妊娠・出産
  • 免疫低下
  • 自律神経
  • 骨の維持

基礎体温を測ったとき、低温期にはエストロゲンが。

排卵されて、高温期になるとプロゲステロンが分泌されます。

日によって分泌される量が変わってきます。

では、基礎知識を元に女性ホルモンを整えていきましょう。

女性ホルモンは色んなことに影響され乱れやすい

女性らしい体は女性ホルモンが必要

女性ホルモンの量は日によって違うことがわかりました。

生理や排卵日に大きくかわります。

ほかにもいろんなことに影響をうけます。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 運動
  • 食事
  • 感情
  • 年齢

小さなことでも、量が減ったりします。

なぜホルモンバランスは乱れやすいのでしょうか?

それは、ホルモンの分泌が脳からの指令にあるからです。

脳にある視床下部というところから信号がでます。

でも、ストレスが脳に影響すると、この指令がみだれてしまいます。

分泌がへることもあります。

では、女性ホルモンを整える方法を詳しくみていきましょう。

リラックスしてストレスをためない

リラックスしてストレスをためない

ストレスをためるのは美容だけじゃなく、体にもよくありません。

もちろん女性ホルモンにも影響があります。

ストレスは脳へも影響します。

ですから、女性ホルモンを分泌する卵巣機能にも影響があります。

分泌低下をふせぐためにも、リラックスできる場所や物をみつけるといいですね。

好きなことや物で自分をみたしてやいやす

好きなことをしてストレス解消する

リラックスできることや物をみつけるのはとても大切。

ストレスを解消することが美容につながります。

好きなことや行きたい場所だけじゃないですよね。

自分の部屋に好きなものや色を置いておくのもいいですね。

ストレスの解消方法は人によってちがいます。

ですから、あなたにあった解消方法をみつけましょう。

ちなみに私は映画や旅行です。

適度な運動で血流アップ

体を動かすことは美容に大切です。

血流が上がって、めぐり力がアップ。

代謝もよくなり美肌へと導きます。

こういった血流や代謝は女性ホルモンにもいいんです。

健康的な体を維持するには、適度な運動は必要です。

でも、体にストレスになる激しい運動はいけません。

食事で女性ホルモンにいい影響を

食事で女性ホルモンによい影響を与える

食事で女性ホルモンを増やすことはできません。

よく大豆がいいとか聞いたことがあるかもしれません。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとおなじ働きをもっています。

ですから、減っていくエストロゲンをサポートしてくれます。

豆類に多くふくまれています。

良質な睡眠でホルモンバランスを整える

睡眠は女性ホルモンに影響大。

良質な睡眠は美容にもいいです。

安眠対策も必要です。

寝る前のリラックスやお風呂のタイミング。

環境なども見直していきましょう。

意外と信じてる女性ホルモンの間違った知識。

良いと思ってたら違ってたこと

恋愛すると女性ホルモンが分泌されるとか、大豆を食べれば女性ホルモンがふえるとか、間違っています。

そんな間違った知識をあらためましょう。

女性ホルモンをたくさん出すことはできない

女性らしい体を作る女性ホルモン。

体にいいなら、たくさん出したいですよね。

でも、女性ホルモンをたくさんだすことはできません。

逆に色んな影響を受けて、減ることがあります。

恋愛をしても女性ホルモンは増えないけど

恋する女子はうつくしいって聞いたことないですか?

恋愛している女性でも、女性ホルモンは増えません。

多くの方が恋愛と女性ホルモンは関係していると思っています。

ただ、ドキドキするとドーパミンが分泌されます。

ドーパミンを出す命令をするとき、エストロゲンの分泌を指令する視床下部にも影響をあたえます。

ドキドキしたり、ときめくと脳内ホルモンが活性化。

すると、エストロゲンもアップです。

ですから、恋愛が女性ホルモンと全く関係ないということでもないんです。

Hをすればするほどホルモンが増えるわけじゃない

恋愛と同じで、セックスは女性ホルモンの分泌をうながすものじゃないんです。

たくさんエッチしても、女性ホルモンはかわりません。

でも、エッチしたときは女性ホルモンの血中濃度が高いという研究結果があります。

女性ホルモンが増えているときはエッチということですね。

エストロゲンが増えるときは、排卵日に向けてふえます。

排卵日に妊娠する可能性があがることを考えてみてください。

人は種をのこそうとしますから、エッチと女性ホルモンは関係しているかもしれません。

イソフラボンで補う?摂っても意味ない人もいる

豆に多くふくまれるイソフラボン。

イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをします。

ですから、女性らしい体、健康いるためには摂りなさいとよく見ます。

でも、イソフラボンは体内でエクオールに変わらないと意味がありません。

エクオールに変化するところは腸内です。

ここで注意なのが、イソフラボンをエクオールに変える菌がないと意味がありません。

変えることができない人もいるんですね。

ですから、エクオールを直接取ってしまうほうがいいですね。

貧乳は女性ホルモンが少ない?遺伝や体質

女性ホルモンが少ないとバストも小さいイメージありませんか?

全く関係わけではないです。

でも、ホルモンよりも遺伝や体質のほうが大きいです。

また、脂肪の量も関係しています。

女性ホルモンによくない行動。ストレスはためないこと

ストレスをためないこと

女性ホルモンを整える方法がわかりました。

そして、間違った知識をかえることもできました。

次は、女性ホルモンによくないことをやめましょう。

タバコは女性ホルモンを分解

タバコはなんと女性ホルモンを分解してしまいます。

しかも、喫煙者は更年期がはやまるといった事実もあります。

また、タバコは肌への影響もあります。

タバコは活性酸素をだします。

すると、うるおいを保っているところを劣化させます。

また、タバコは血流も悪化させます。

栄養がとどかなくなります。

代謝もわるくなり、肌はボロボロに。

しかも、喫煙者じゃなくても、受動喫煙での影響もあります。

なかなかやめられないタバコです。

美容のためや人のことを考えて、やめていけるといいですね。

無理なダイエットはふける

無理なダイエットは体の負担になるだけです。

無理な食事制限は栄養バランスをくずします。

急激な運動をしすぎてもいけません。

体脂肪が急にへりすぎると、女性ホルモンが少なくなります。

また、無理なダイエットはリバウンドしやすいので、注意です。

食生活の乱れはホルモンの乱れ

美容に食生活の乱れは絶対いけません。

ダイエットのように無理はいけません。

女性ホルモンにも影響してきます。

栄養バランスを考えて、食事をとりましょう。

足りてないと感じたら、サプリでおぎなうことも。

生活習慣が乱れると体はボロボロ

生活習慣というと、睡眠や食事がおもなものです。

朝起きて、昼間活動、夜寝るというかんじです。

この生活のリズムがくるっているとどうなるでしょうか?

ホルモンバランスは乱れ、ぼろぼろの肌になってしまうかも。

まとめ

女性ホルモンを整える方法はどうでしたか?

キレイな女でいるためには、女性ホルモンをなるべく減らさないこと。

乱さないことです。

ふやすことができないから余計に意識していたいです。

美肌や美髪、キレイでいるために整えていきましょう。