歯を白くする方法はある? 自宅での方法からクリニックまで 

This woman has beautiful teeth

キレイな女性やイケメンの歯が黄ばんでいたらどうですか?

一気に幻滅しますよね。

相手と話したり、笑うと見える歯の色。

絶対見られていますよ。

歯の白さって美人を作るには必須なんです。

でも、歯の着色は食べ物からなので、防ぐことが難しいです。

そこで、歯を白くするホワイトニングの方法です。

また、歯の着色の原因から、予防までをお伝えします。

白い歯で美しい女性を目指しましょう。

自宅で歯を白くする方法 家でするホワイトニングは効果ある?

自宅でできる方法を探す

生活していると、どうしても黄色く着色してしまう歯。

食べたり飲んだりするから、着色を全くなくすことは難しいです。

歯の着色をなかったことにするのは、歯医者です。

でも、歯医者は高額です。

保険が効かないものもあります。

クリニックにいかなきゃいけません。

時間もかかるし、歯医者の治療って口開けっ放しでストレス感じてしまいます。

逆に、自宅ならいつでも時間のある時にできます。

家で歯を白くする方法はこちらです。

  • ホワイトニング用の歯磨き粉を使う
  • ホームホワイトニングで歯を白くする
  • 歯専用消しゴムで白くする
  • 即効性のある歯のマニキュア
  • ホワイトニングペン
  • ホワイトニングテープ
  • 重曹で歯が白くなる?
  • 着色除去機能付き電動歯ブラシって何?
  • デンタルリンスは効き目ある?

それでは詳しく見てみましょう。

ホワイトニング用歯磨き粉は効果ある?

汚れは歯磨きで落とす

自宅でする歯を白くする方法で、もっとも簡単なのがホワイトニング用の歯磨きです。

毎日使っている歯磨き粉をホワイトニング用にするだけです。

ただ、市販の歯磨き粉にそれほど高い効果は期待できません。

歯磨き粉に、歯医者で使うような強力成分は危ないですからね。

ホワイトニング歯磨き粉に入っている成分はこちらです。

  • ピロリン酸ナトリウム
  • ポリリン酸ナトリウム

この二つの成分は、歯の表面についた汚れを浮かせるものです。

また、歯石の予防効果もあります。

市販の歯磨き粉には、汚れを落とす成分はだいたい入っています。

ホワイトニング用の歯磨き粉の中には、研磨剤が入っているものがあります。

歯の表面をキレイに磨くためですね。

ただ、研磨剤は歯周ポケットに入ったりして、口に残るため良くないといわれています。

また、研磨剤が強すぎると、歯や歯ぐきを傷つけてしまいます。

それは逆に汚れが付きやすくなってしまうので、注意です。

ホワイトニング用の歯磨き粉は、一般的な歯磨き粉よりも値段が高いです。

歯磨き粉自体にも、ホワイトニングとうたっています。

ですから、効果が高いように感じてしまいます。

でも、実際はそれほど効果が高いわけではありません。

一般的な歯磨き粉でも、汚れを落とすことはできます。

大事なのは歯磨き自体です。

ブラッシングが大切なんですね。

でも、歯にしっかりついてしまった着色や汚れは、スッキリキレイに白くなる効果は薄いです。

毎日のブラッシングはとても大切です。

でも、しっかり着色してしまった時は、他の方法を試してみましょう。

【ちゅらトゥース】浮かせて落とすホワイトニング@コスメ1位

効果のある歯のホワイトニング

話題で人気のホワイトニング液体歯磨きがあります。

汚れをうかせて、つつみこんで落とす【ちゅらトゥース】です。

ホワイトニングだけじゃなく、口腔内のケアまでできちゃいます。

虫歯、歯周病、口臭などです。

その効果に@コスメではホワイトニング1位になっています。

しかも、口コミでも☆MAXに近いぐらい結果がでています。

使い方は、歯磨きの後にちゅらトゥースでササっと磨くだけ。

メーカーは1日2回を推奨されています。

1回分の値段も66円なので、1日132円でホワイトニングができてしまいます。

薬用ちゅらトゥースでめんどうなクリニックも高価な治療費も節約してください。

⇒【薬用ちゅらトゥースホワイトニング】公式サイトはこちら 

ホームホワイトニングで歯を白くする

歯が白い女性

ホームホワイトニングとは、自宅だけのホワイトニングではありません。

はじめに歯医者で自分の歯に合ったマウスピースを作ります。

次に、歯を白くする薬剤をマウスピースに塗ってつけます。

これだけで、白くなる効果が高いです。

本当なら、歯医者に行って施術してもらうところを自宅でできます。

ですから、忙しくてなかなか通えない方でもできます。

私は以前、マウスピースを作ったことがあります。

でも、マウスピースを口に入れただけで、ウエッとなってしまいます。

残念ながら、マウスピースが苦手でやめました。

でも、今ではマウスピースのサイズも小さくなっているので、もう一度挑戦しようか迷っているところです。

ビースマイルLED

マウスピースが平気なら、自宅でLEDホワイトニングができる方法があります。

LED付きのマウスピースにジェルを塗ってスイッチON。

終わった後はブラッシングで、汚れと共に落とします。

酸化チタンが青色LEDに反応してステインに働きかけます。

酸化チタンコーティングで、汚れも付きにくくなります。

マウスピースの型も取らなくていいです。

↓手間も費用もかからない自宅でホワイトニングはこちら
ビースマイルLED

歯の着色を落とす消しゴムで美白

笑顔の女性

歯のホワイトニング用の消しゴムです。

お茶やコーヒー、ワイン、タバコのヤニなどを落とすためのものです。

※Amazonにリンクしています。

消しゴムなので、歯を研磨剤でゴシゴシする感じです。

といっても上記のアイテムはシリコン素材でできています。

ペーストを塗ってからゴシゴシします。

ペーストには優しい研磨剤が入っています。

やさしいとは言っても、かなり強くやりすぎると歯や歯ぐきを傷つけてしまうかも。

効果は人それぞれですけど、口コミを見るとちょっと薄いようです。

歯をマニキュアで白くする

歯のマニキュアでホワイトニング

爪のマニキュアと同じように、歯の表面に塗ります。

歯のマニキュアは市販で買えるものと、歯のホワイトニングサロンで行うものがあります。

自宅でできるものですから、市販のマニキュアになりますけど、効果は一時的なので急なイベントが発生した時に使う感じです。

数時間しか美白効果はありません。

また、歯を磨いたりすると落ちてしまいます。

歯のマニキュアの口コミを調べてみると、あまり良い口コミはありませんでした。

効果が薄かったり、塗りむらができて不自然など、オススメできません。

サロンでの歯のマニキュアは効果が高く、持続性もあります。

ただ、お金もその分かかります。

爪と同じように、はがれていくので永久ではありません。

ずっと続けることができればいいです。

でも、歯の表面に塗るので、根本的なところは解決していないですよね。

ホワイトニングペンで歯を白くする

ホワイトニングペン

歯のマニキュアと同じような感じです。

ペン型のもので、ジェルを塗って歯を白く見せます。

口コミを調べると、個人差はあるものの、良い口コミは少ないです。

一時的な効果で、大事な日に使うといいですね。

ただし、本当に美白効果があったらの話ですけど。

ホワイトニングテープは効果ある?

薬が塗布されたテープを歯に貼って使うものです。

効果は高いですけど、日本では売っていません。

その理由は、歯を白くする成分の過酸化水素の濃さが6%を越えるものばかりだからです。

日本では劇薬に指定されています。

ですから購入するには、海外からになります。

Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなど、通販で買えます。

ホワイトニングテープはアメリカで人気でどこでも手に入ります。

使用方法は、歯にテープを貼って、少し時間を置く感じです。

このホワイトニングテープを日本でするのはちょっと危険かもしれません。

海外からの輸入になるので、取説などは英語ばかりです。

さらに、薬剤も強いものがあるので、使用方法を間違えると、とても危険です。

歯だけならまだいいですけど、歯ぐきに問題があったら大変ですからね。

効果は金歯銀歯のかぶせものや詰め物には意味はありません。

薬剤が虫歯や歯ぐきのキズに触れるとすごく痛いです。

テープの張り方によっては効果がない場所も出てきてしまうので注意です。

重曹で歯が白くなる?

料理や掃除などに使う重曹(炭酸水素ナトリウム)。

重曹は歯を白くするためにも使えます。

でも、オススメはできません。

重曹には歯の汚れを落として白くする効果が期待できます。

でも、注意しなければいけないことがあります。

重曹は研磨剤として、歯を磨きます。

白くなる効果が期待できる過酸化水素のような作用とは違います。

重曹(研磨剤)で歯磨きをするので、表面がキレイになります。

エナメル質を削っているので、毎回の歯磨きにはオススメできません。

歯のエナメル質が薄くなると、冷たいものや熱いものがしみたりします。

また、エナメル質が薄くなってしまうと、歯の中にある象牙質が透けてしまうことがあります。

象牙質は茶色っぽいので、歯が黄ばんで見えてしまいます。

他にも、歯ぐきや口内粘膜なども傷つけてしまうことがあるため、オススメできません。

それでも試してみたい方は、柔らかめの歯ブラシでやさしく磨いてください。

そして、毎回の歯磨きには使わないようにしましょう。

周1回、優しく歯を磨くようにしましょう。

着色除去できる電動(超音波)歯ブラシって何?

電動歯ブラシは、モーター振動や超音波など色々あります。

今は超音波が主流で、キレイに磨くには超音波です。

その中でも、歯の表面についた汚れをこすり取るブラシがあります。

※【ブラウン オーラルB】Amazonにリンクしています。

例えばかなり人気のブラウン、オーラルBという電動歯ブラシがあります。

ブラシの先端に、ラバーカップと呼ばれるものが歯についたステインなどをとります。

最近の電動歯ブラシはかなり良くなっています。

1方向の振動だけでなく、上下振動、左右振動の3D振動で歯を磨きます。

着色の除去効果は14日間で90%もとれるとうたっています。

また、歯垢除去力が手で磨くことと比較すると、99.8%もあがったという説明があります。

毎日の歯磨きを短い時間で適当にやっているなら、オススメしたい歯ブラシです。

デンタルリンスは効き目ある?

デンタルリンスと言えば、リステリンなどです。

マウスウォッシュも種類が増えて、やさしい成分で作られたものもあります。

トータルケアのデンタルリンスの効果はこちらです。

  • 歯垢や歯石の沈着予防
  • 歯肉炎予防
  • 口臭
  • 口内洗浄
  • 着色汚れ予防

コーヒーや紅茶を飲んだ後は水ですすぐと着色予防になります。

その水をデンタルリンス、マウスウォッシュに変えてみると、もっと効果があがります。

ただし、刺激の苦手な方は、低刺激のデンタルリンスにしましょう。

クリニックでホワイトニング 効果は高いけどお値段も?

駅で歯を見せて笑う女性

確実に歯を白くしたいなら、歯医者、クリニックです。

自宅でするホワイトニング方法と同じように色々種類があります。

ただし、お金と時間と労力がかかります。

忙しくて時間のない方はなかなか歯医者にいけませんよね。

でも、効果は高いので、家でちょっとずつやるよりも、歯医者で一気にキレイにした方がいいかもしれません。

歯医者で歯を白くする(オフィスホワイトニング)

歯のホワイトニングを歯医者でする

オフィスホワイトニングとは、歯医者で歯を白くすることです。

主な方法は、過酸化水素で歯に定着した汚れを落とします。

タバコのヤニや汚れが定着してしまった歯のくすみもきれいにできます。

自宅でのホワイトニングはホームホワイトニング。

歯医者でのホワイトニングは、オフィスホワイトニングです。

オフィスホワイトニングは、30分~1時間で終わってしまいます。

最初に歯のクリーニングをした後にホワイトニング施術をします。

歯医者でのホワイトニングは効果が高いです。

歯を白くする方法を色々と試すよりも、歯医者が1番いいかもしれません。

歯のマニキュア(サロン)

マニキュアと言えば、爪です。

その爪マニキュアと同じ、歯のマニキュアです。

歯のホワイトニングサロンで施術できます。

歯のマニキュアは、歯を削りません。

着色汚れで黄ばんだ歯も、上から塗ることで白くします。

色の調整ももちろんできます。

施術も1日でできるのがいいですね。

マニキュアの種類にもよりますけど、持続効果は数日間のものもあれば、3ヶ月間や長いものでは2年~5年間の効果もあります。

ただし、メンテナンスが必要になります。

そして、問題点はやっぱり金額です。

保険がきかないので、高くなってしまいます。

当然、持続効果が高いものは、値段も高いです。

歯1本1万円を超えてしまいます。

金属から歯を作る 新技術に保険適用

歯科技術は年々研究されていて伸びています。

以前の治療は、虫歯になると金属のかぶせものをしました。

でも、今ではかぶせものの種類も増えています。

  • セラミック
  • プラスチック
  • メタルセラミック
  • ハイブリットセラミック

白い歯として使うには、今までのような金属は目立ってしまいます。

そこで、レジンだけをつかったものや、見えるところだけレジンを使って、キレイに見える白い歯を手に入れることができます。

保険の適用も素材によって違います。

また、使う場所によっても保険適用があります。

例えば、プラスチック(レジン)だと、前歯に使うと保険が使えるという感じです。

最近では色んな種類の材料(ブロック材)が使えるようになっています。

今までは前歯の犬歯し小臼歯までしか保険が適用されませんでした。

でも、最近大臼歯も保険が適用されるようになりました。

銀や金のかぶせものをして、数年たっている方は最新のかぶせものに変更したほうがいいかもしれません。

かぶせもののつくり方も、パソコンのソフトを使って設計し、そのまま自動で機械加工されてできあがります。

歯の分野もどんどんよくなります。

ですけど、自分の本物の歯は、1度失ったり、汚れてしまうとなかなか元にはもどらないので、普段から白い歯を保つように心がけましょう。

歯をクリーニングで白くする

歯医者さん

歯の汚れや歯石をとるのが、歯のクリーニングです。

歯石除去はとても大切です。

歯石は磨き残しのプラーク(歯垢)が、口の中のミネラルとくっついて固まってしまうものです。

歯石は歯周病や虫歯の原因になってしまいます。

しかも、歯石となった歯垢は歯ブラシではとれません。

怖いですよね。

私は3ヶ月に1回の頻度でいっています。

行くたびに歯の磨きが足りないといつも反省します。

歯のクリーニングとは?

歯医者の機械

歯のクリーニングの主な種類はこちらです。

  • 歯石の除去
  • ポリッシング
  • 噴霧式研磨器
  • PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)

歯のクリーニングは、歯石や歯垢をとりのぞくことです。

スケーラーという歯石除去の道具を使います。

なかなか痛いですよね。私はこれが苦手です。

歯石が固いと強い力で削ったりしますから、痛みもその分感じます。

歯の表面をそうじするので、元の歯の色が変わっていれば、白くなりません。

噴霧式は呼び名の通り、パウダーと水噴射で歯の汚れを飛ばします。

ポリッシングは、カップやブラシなどで、歯の表面などを磨いていきます。

PMTCは、機械をつかって歯の表面や歯周ポケットの歯垢をとることができます。

PMTCの主な効果はこちら。

  • 歯周病
  • 口臭
  • 茶渋による着色
  • タバコのヤニ
  • 虫歯の進行を抑える

歯の表面をキレイにして、歯垢がつきにくくなる効果もあります。

ですから、毎日の歯のメンテナンスもやりやすいですね。

歯石がついていたり、歯周ポケットが深いとなかなか歯磨きだけではキレイになりにくいですからね。

歯のクリーニングは保険適用できる?

歯のクリーニングは保険が使えるところと使えないところがあります。

歯垢の除去だけなら保険でいけます。

でも、PMTCは使えないところが多いです。

歯の汚れをとって、白くしたいなら、PMTCです。

歯のクリーニングで汚れが落ちなかったら、ホワイトニングですね。

すでにお伝えした、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングです。

ホワイトニングは最初にクリーニングで歯をキレイにしてからします。

ですから、確実に歯を白くしたいなら、最初からオフィスホワイトニングですね。

ホワイトニング効果は本当? 身近なもので歯が白くなる?

歯のキレイな女性がほほえむ

自宅でも手軽にできて、手に入りやすいもので歯を白くできるでしょうか?

よく聞くのが消しゴムでこすったり、酢でホワイトニングなどです。

効果は本当にあるのでしょうか?

効果のない歯ホワイトニング方法

よく聞く方法だったり、ネットで出てくるホワイトニングの方法です。

注意したいのが、これらの方法は白くする効果はほとんどありません。

  • 消しゴムでこする
  • とにかく歯を磨く
  • スポンジ
  • 塩や酢でホワイトニング
  • レモンやバナナの皮でホワイトニング

レモンや酢は歯を溶かしてしまうことがあります。

酸性は歯の表面にあるエナメル質を溶かしかねないのです。

他にも色々とうわさになっているホワイトニングの方法は効果が無かったりします。

歯はなぜ黄ばんでしまうの?着色の原因は?

自宅やクリニックでできる、歯のホワイトニングの方法をお伝えしました。

でも、そもそもなぜ歯に着色してしまうんでしょうか?

根本的なところを知ることで、着色を抑えることができます。

でも、完全ではないので、歯を白くする対策をしてくださいね。

食べ物による歯の着色

食べ物による着色は、カレーやチョコレートなどです。

カレーにはウコンがはいっています。

また、チョコにはポリフェノールもはいっています。

醤油やケチャップなども着色しやすいのです。

でも、食べ物は毎日必ずたべます。

対策方法は、食事をしないことではありません。

虫歯と同じように、いつまでもだらだら食べないということです。

あと歯磨きは必須ですよ。

タバコで着色する場合

タバコを吸う方が多いタバコによる着色です。

タバコにはタール、ヤニがたくさんはいっています。

メンテナンスしていない歯は汚れがたまり、付着してしまいます。

なかなか落ちない汚れです。

紅茶やコーヒーやワインなどで歯が黄ばむ

紅茶や緑茶、ウーロン茶、ワインなどには、ポリフェノールが入っています。

ポリフェノールとは、カテキンやタンニン、イソフラボンなどのことです。

タンニンとは? 茶葉に含まれるもので、苦みや渋みを出すものです。ワインにおいては、味に大きく関わってきます。他にも殺菌作用があります。

このポリフェノールが歯の表面に付着して汚れの原因となります。

歯の着色は主にステインと呼ばれます。

紅茶やウーロン茶などは、葉っぱから入れるとタンニンが多くなります。

また、ワインについても同じでカテキンやタンニンが入っています。

他にもコーヒーにもポリフェノールが多く含まれています。

でも、ポリフェノールは歯を汚してしまいますけど、体にとってはとてもよいものです。

赤ワインのポリフェノールは抗酸化作用やホルモン促進作用が上がるといわれています。

これらの飲み物は飲んだ後に歯磨きですね。

歯磨きしたくない、できないという時は、口をゆすぐだけでもしておきましょう。

歯の汚れを放置すると蓄積していく

歯の汚れはどうしてもついてしまいます。

誰でも食事をしますから、歯が汚れるのは仕方ありませんよね。

でも、その汚れをそのままにしておくとどうなるでしょうか?

その汚れは、どんどんたまっていき、歯磨きだけでは落ちにくくなってしまいます。

すると、歯のエナメル質表面だけじゃなく、内まで着色してしまうかも。

タバコを吸っている人は特にヤニがつくので、歯磨きをしっかりですね。

定期的に歯のクリーニングをしましょう。

歯の汚れを簡単に予防する方法は?

物をたべればどうしても歯は汚れます。

飲み物もいつも水ばっかりじゃたのしめないですよね。

そこで、なるべく歯への着色を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

丁寧にしっかり歯磨きをする

歯磨きは誰もがします。

でも、めんどうだったり、時間がなかったりでささっと磨いて終わり!に、なっていませんか?

歯の汚れを取るには歯磨きです。

歯磨きをするコツは、ながら磨きです。

テレビを見ながら、スマホさわりながらです。

すると、気が付かないうちにけっこう磨けています。

また、新しい超音波歯ブラシがオススメで、ホワイトニングだけじゃなく、虫歯や歯周病の予防にも効果が期待できます。

歯磨き粉は、もちろんホワイトニングのものを使うといいですね。

飲み物はストローを使う

飲み物はストローで飲む

飲み物を飲むときにはストローを使うようにしましょう。

歯にふれないように飲むことができ、着色を予防できます。

ただ、完全ではないです。

知り合いの歯医者さんは、歯をキレイに保つため、常にストローで飲んでます。

でも、熱い飲み物は無理ですよね。

飲んだり食べた後はなるべくすぐに口をゆすぐ

水で口をゆすぐ

食べた後は、なるべく早く歯を磨くといいです。

汚れだけじゃなく、虫歯予防にもなります。

でも、歯磨きがすぐにできない時は、なるべく早く口をゆすぐだけでもするようにしましょう。

歯に付着した汚れは、うがいだけでは落ちませんけど、0ではありません。

歯を白くする方法まとめ

喜んで笑う女性

歯にはどうしても汚れがついてしまいます。

その汚れ、着色を落とすのがまずは歯磨きです。

歯磨きもただ磨けばいいものではありません。

  • 超音波歯ブラシ
  • ホワイトニング用歯磨き粉
  • デンタルフロス

こんな歯磨きが歯の汚れにオススメです。

電動歯ブラシも進化していますからね。

そして、定期的に歯のクリーニングをしましょう。

歯が汚れていると、キレイな女性でもそれだけでマイナスになってしまいます。

良い印象を与えるなら、白いキレイな歯です。

歯に着色が定着する前の歯磨きと、定期クリーニングですよ。