手をキレイにする方法 美しい手は肌だけじゃなく爪と関節も

手のきれいな女性

手がキレイな女性って知的にみえますよね。

手は顔と同じように常に露出しています。

でも、顔と同じようにケアしている方ってとってもすくないんです。

 

海外セレブやハリウッド女優とかみてください。

顔はすごくきれいです。

でも、手をみてみるとシワシワだったりします。

 

綺麗な手を目指すには、ちゃんとしたハンドケアが必要。

ハンドクリームだけじゃケアできません。

 

手の美白のため、まず角質ケア。

そして、爪と指の関節もキレイにみせるにはしっかりケアです。

今回は、手を綺麗にみせる方法をおつたえします。

 

手をキレイに見せるには肌だけじゃなく爪と関節もケア

手肌だけじゃなく爪も指もケア

手をキレイに見せたいなら、肌ケアですよね。

でも、肌だけじゃダメです。

手には、指も爪もあります。

手肌がキレイでも、爪がガタガタだったらどうですか?

 

本当にきれいな手を持つ人は知的に見えます。

指先から手首まで、手をキレイに見せられる方法です。

 

手をキレイにするには美白から

手肌をキレイにみせるには

手をキレイに見せるには、美白です。

顔と同じように美白ケアをします。

 

美肌には紫外線対策と、美白ケアです。

紫外線予防は毎日することです。

今日は外出しないからと何もぬらないことがないように。

 

手の美白ケアでは、日焼け止めや化粧水、ハンドクリームです。

このぐらいだったら、誰もがやっている簡単なハンドケアです。

でも、ここで足りないことがあります。

手の角質ケアです。

 

手の美白ケアは、角質ケアをした後におこないます。

ハンドクリームだけ毎日ぬっていても、他の人との差はできませんよ。

手の美白についてはこちらをどうぞ。

ポロポロおちる角質におどろきます。

【手の美白】即効性のある方法とハンドケア
美白と言えば顔のイメージが強いですよね。 顔は人から1番良く見られる場所。 だから、いつもキレイにしておきたいです。 でも、手も露出しているのでみられています。 ガサガサの手だったり、シミがある黒い手だったらどう...

 

指のゴツい関節をしなやかに

指の関節ケア

手の美白肌は誰でもできる対策です。

でも、指の関節がゴツゴツしているのと、すらっとしているのとではどうでしょうか。

やっぱりキレイな手を持っている人は、指もしなやかですよね。

 

そんなゴツゴツした指の関節ケアです。

手は常に使うものですから、体とおなじようにコリます。

ですから、コリをほぐすマッサージが有効です。

美白ケアしている時にマッサージするといいですね。

 

また、ローラータイプの美顔器をつかうのもいいですよ。

顔と同じようにスッとした指に戻るかも。

 

手をキレイにするには爪ケアも忘れずに

手がキレイにな人は知的にみえる

手肌、指の関節の次は爪です。

爪もキレイな手にするには重要ですよね。

 

ただ、ネイルすればいいというものでもありません。

確かにネイルすれば、隠せる爪です。

でも、ネイルアートよりネイルケアです。

では、爪周りのケア方法をみていきましょう。

 

手や爪がキレイな人がやっている毎日の習慣

爪もケアする

キレイな手には爪周りケアも大切です。

美白ケアもゆびの関節も大切。

何もしなければどんどんシミ、シワが増えていきます。

ダメージの受けやすいところですからね。

そこで、手をキレイにする毎日の習慣をみにつけましょう。

  1. 手の保湿は常にする
  2. 爪をキレイにする
  3. ネイルアートよりもツヤ
  4. アクセでポイントアップ
  5. 手首もすっきりとみせる

常にハンドクリームで保湿ケア

人の体って保湿がとても大切ですよね。

髪の毛も、体も顔も保湿でダメージから守ります。

特に手は乾燥しやすい場所ですからね。

 

オススメな保湿ケアです。

それは、自宅の色んなところにアイテムを置いておくことです。

洗面所やお風呂だけにおいておくよりも、部屋のあちこちにおいておけば、目にはいりやすくなります。

気づいたらちょっとぬって保湿です。

爪を綺麗にしている

ネイルケア

爪をキレイにするというのは、ネイルをぬるだけじゃないです。

爪の長さや形を整えるのも、しなやかな手をつくるには必須。

 

爪周りの乾燥も気を付けてください。

ネイルオイルで爪も保湿です。

ネイルアートよりもツヤ

ネイルにも色々種類があってかわいいですよね。

色んなネイルをためしてみたいです。

 

でも、パーティネイルよりもシンプルネイルです。

すらっとしなやかな手をみせるには、シンプルな爪が1番。

色を入れないナチュラルネイルはケアしてあるからこそ光ます。

ですから、爪をキレイに磨くことも必要ですよ。

アクセでポイントアップ

キレイな手の指にかわいいリングがあったら、さらにキレイに見えます。

注意したいのは、細めのかわいいリングです。

 

ネイルと同じですよね。

ゴツゴツしたものは、時に美しくみえません。

アクセサリーもシンプルなものがアクセントになります。

手首もすっきりとみせる

美しい手をさらに追及すると、手首ケアも。

ハンドケアする際に、手首も一緒にします。

 

そして、手首から見せるようにします。

服から手だけでているよりも、手首からみせればさらにしなやかにみえます。

手も長くみえますしね。

 

どうでしたか?

毎日の習慣にしてしまえば、簡単にできてしまうハンドケアです。

さらに、キレイな手に必要なケア方法をみていきましょう。

 

手も爪も保湿ケアが大切

手も保湿

手は、肌も爪も保湿が大切になります。

特に爪の周りはがさがさになりがち。

ささくれにもなりますよね。

 

そんな乾燥対策には、ネイルオイル、ネイルエッセンスです。

ネイルオイルには色んな香りのするものもたくさんあります。

その日の気分や洋服に合わせてもいいですよね。

 

ネイルエッセンスは、ネイル美容液です。

キレイな自分の爪をケアするものです。

美容液がはいっているので、健康で新しい爪の成長をたすけてくれます。

爪がもろかったり、透明感がなかったり。

そんな爪の悩みに、ネイルエッセンスです。

 

爪のお手入れの方法

手のお手入れ方法

爪のお手入れは、たぶん誰もがやっているとおもいます。

1番楽で確実なのはネイルサロンですよね。

マニキュアやジェルネイルなど、プロにまかせるのがいいですよね。

 

でも、毎日の手のお手入れは必要です。

爪のケアも自分でもやりましょう。

爪ケアに必要なもの

  • 爪切り
  • 爪用やすり
  • リムーバー
  • バッファー
  • シャイナー
  • オイル
  • プッシャー

爪の形をキレイにけずる

Nail care

ツメのケアに入る前に、爪をあたためてやわらかくします。

お風呂あがりにするといいですね。

 

準備ができたら、爪の形を整えます。

爪切りをつかってもいいですけど、爪切りよりもやすりでけずります。

爪の形は、スクエアやオーバル、ラウンドなど色々あるので、好みの形にします。

でも、四角い形のスクエアとか、先がするどいポイントは割れやすいので注意です。

爪の生えぎわ 甘皮をとりのぞく

爪の生えぎわにある薄い皮を整えます。

甘皮とか、キューティクルと呼ばれています。

本来は爪の間を守ってくれるものなので、とりすぎに注意です。

生えぎわの伸びている部分をとって、爪をキレイにみせます。

リムーバーを塗って、プッシャーでクイクイっとおします。

最後に浮いた甘皮をふきとります。

爪の表面をキレイにみがく

爪にツヤをだすために、爪の表面をみがきます。

ネイルカラーよりも自然なツヤをめざします。

 

まず、バッファーでやさしくみがきます。

表面がガタガタ、ゴワゴワをきれいにします。

 

次に磨き専用のシャイナーで磨いて仕上げます。

バッファーもシャイナーも磨きすぎには注意です。

爪が薄くなってわれやすくなります。

ネイルオイルを塗る

キレイになった爪にネイルオイルをぬります。

これで、キレイな自爪ができあがります。

ナチュラルネイルはカラーとは違うツヤがでます。

安心なのはネイルサロン

自分でネイルケアはひつようです。

でも、ネイルサロンがやっぱり楽です。

そして、キレイです。

余裕があればネイルサロンがオススメです。

 

まとめ

手をキレイにする方法は、毎日の習慣が大切。

爪ケアはしている人がおおいです。

爪がキレイでも、手の甲や関節はなにもしていない人が多いです。

手をキレイに、知的に見せるには、手肌、爪、指、手首と、みんなやってこそ美しい手にみえます。

これだけのハンドケアをしっかりやっている人は少ないと思うので、差がつきますね。

コメント