顔のくすみ5つの原因とケア方法 くすみを取り透明感のある肌へ

透明感のある肌を持つ女性

顔がくすんで老けてみえてませんか?

くすみはなんだか疲れてもみえます。

肌がくすんでしまうとなかなか改善できず悩みますよね。

なかなか改善できないのは、くすんでしまう原因が1つじゃないことにありました。

ここでは顔のくすみの原因5つと改善方法をお伝えします。

透明感のある肌をとりもどす参考にしていただいたらうれしいです。

顔のくすみ5つの原因とケア方法

顔のくすみ5つの原因

肌がくすんでしまうと、透明感がなく、暗くなってしまいます。

肌に明るさがなく、ツヤ感もフォギー感もでません。

まず、老けて見えてしまう肌のくすみの原因をみていきましょう。

  • 乾燥によるくすみ
  • 角質が積み重なるくすみ
  • 日焼けによるくすみ
  • 血行不良によるくすみ
  • 糖化とカルボニル化によるくすみ

その原因によってくすみ対策をしていきます。

【乾燥】肌の乾燥でくすんでしまう原因と対策

Dry skin by dullness

肌が乾燥しているとくすんでしまいます。

白い肌と言えず、グレーがかったように見えます。

そんな乾燥ぐすみの原因と対策です。

乾燥によるくすみの原因は肌ダメージ

乾燥によるくすみの原因は肌へのダメージです。

紫外線や環境などによる肌へのダメージが積もっていきます。

肌の表面は乾燥し、うるおい減です。

透明感はなく、古い角質がたまっていきます。

すると、肌は曇っているようなグレー色にくすみます。

乾燥ぐすみの対策

乾燥でのくすみにはうるおいです。

肌の乾燥はくすみだけじゃなく、ハリツヤにも影響します。

たるみにもつながる怖い肌の乾燥です。

そんな乾燥ぐすみは保湿です。

朝からしっかり保湿しましょう。

夜は美白美容液でしっかりうるおいスキンケアです。

睡眠中に肌を回復させましょう。

環境から肌をまもるには?

エアコンの空気が直接肌にあたったり、乾燥する季節での対策。

環境による肌への乾燥をふせぐ方法です。

顔をかくすことはできないので、肌バリアをつけます。

クリームやバームを追加しましょう。

また、乾燥対策に水分補給ミストをしますよね。

ミストもいいんですけど、一時的な効果になりがちです。

肌を守ることを意識しましょう。

【角質】の積み重なりでできるくすみの原因と対策

角質がたまってくすみに

古くなった角質が積み重なってできるクスミです。

普通、古くなった角質は剥がれ落ちます。

肌のターンオーバーですね。

この古い角質が肌ののこってしまうと黒ずみのようにくすんでみえます。

肌の状態もザラザラしていて、ごわついています。

また、スキンケアアイテムも浸透していきません。

角質ぐすみの対策はクレンジング洗顔

本来おちるはずの古い角質が落ちていない。

古い角質を落とすには、クレンジングや洗顔です。

角質によるくすみは、メイクや汚れを落とし切れていないことも。

また、クレンジングや洗顔料自体が残ってしまっているかも。

角質が溜まりやすい場所に気をつけましょう。

鼻の周辺や髪の毛の生えぎわ、あごのラインはしっかりすすぎます。

シートマスクで角質ケア

クレンジングで角質ケアも必要ですけど、保湿も大切。

浸透しにくくなっている肌を、たっぷりうるおいです。

肌のターンオーバーを促します。

しっかり保湿で古くなった角質をおとしやすくします。

シートマスクが簡単だし、しっかり保湿ができていいですよ。

【日焼け】メラニンによるくすみの原因と対策

紫外線によるくすみ

日焼けぐすみはうすい茶色です。

紫外線で肌がやかれると黒くなりますよね。

日焼けぐすみはそこまで焼けてはいない。

でも、うっすら焼けている状態です。

日焼けぐすみ改善はUVケアと美白ケア

普通の日焼けと同じような対策になります。

まず、日焼け止めです。

紫外線対策ですね。

日焼けによるくすみは、UV対策をしっかりしましょう。

外出前はもちろん日焼け止めを塗ると思います。

でも、塗り直しをしない人が多いです。

持続効果も時間で落ちていきます。

汗や摩擦でも日焼け止めは落ちます。

塗り直しで防ぎましょう。

また、UVカット化粧品も今では当たり前ですよね。

塗る日焼け止めと、飲む日焼け止めで両方から守るのがもっともいいですね。

UVケアの他には、美白ケアです。

透明感のある肌はUVケアだけじゃなく、美白ケアも必要です。

美白パックや抗酸化作用の高いサプリもおすすめ。

夜は美白シートマスクでメラニン対策です。

【血行不良】によるくすみの原因と対策

Dullness due to poor circulation

血行不良によるくすみは顔色がわるく黒いかんじです。

顔がくすんでいると疲れてみえます。

血行不良によるくすみは本当につかれているかも。

目元もクマができやすく暗く感じてしまいます。

血行不良の対策は血流アップと食生活

血流がとどこおっているのは、美容によくありません。

栄養もめぐりにくいし、老廃物や毒素も排出しずらくなります。

冷え性にも影響がでてくるかも。

ですから、血行をよくすることです。

体が凝り固まるのは同じ姿勢が多いのも原因の一つ。

スマホをずっとみているのもよくありません。

仕事でも机にすわりっぱなしで、PCさわる時間が長いのもいけません。

でも、仕事や家事はやめることはできません。

ですから、休憩中にストレッチです。

腕をまわして、左右の肩甲骨をくっつける感じでほぐしましょう。

顔のマッサージも肌にダメージにならないようやさしくです。

体をひやさない食べ物や飲み物に気を付けてください。

夜はシャワーじゃなく、お風呂にしっかり入るといいですね。

糖化とカルボニル化によるくすみ

Glycation

肌の糖化とカルボニル化によるくすみは黄色くくすみます。

カルボニル化とは

紫外線をあびた肌の真皮でおこっています。

脂質が酸化分解し、タンパク質が変性して黄色に変化すること。

糖化とは

タンパク質が糖分によって、変性すること。

AGEsと呼ばれているもので、料理でもこげは糖化がおこっています。

↓AGEについてはこちらの記事を参考に

老けない食べ方ってどんな食べ方だと思いますか? 野菜中心? 炭水化物を減らすこと? 実は老化には、AGEが大きく関わっていたんです...

糖化もカルボニル化もタンパク質の変化による黄ぐすみです。

糖化は糖分とタンパク質の変化ですけど、カルボニル化は紫外線によるものです。

資生堂の研究によって発見したものです。

黄ぐすみは食事と紫外線対策

Skin dullness at meals

糖化もカルボニル化も栄養のバランスを意識します。

食生活を1度見直すと良いですね。

糖分や脂質を控えめにしましょう。

また、抗酸化作用の強いものを食べるといいですね。

カルボニル化は紫外線の影響を受けます。

ですから、UVカットです。

日焼け止めは1年中必須ですよ。

紫外線はくすみだけじゃなく、シワやシミ、たるみの原因です。

紫外線対策と、美白ケアをしましょう。

くすみを取り透明感のある肌へ

Measures against dull skin

くすみの原因がわかりました。

それぞれのくすみに合った対策をしましょう。

ここでは基本的なくすみ対策をお伝えします。

くすみを取って、透明感のある肌を目指します。

美白美肌には内側からも外側からもアプローチします。

スキンケアだけじゃなく、食事や生活も改善していきます。

食事によるくすみ対策

美しい肌を手に入れるには、食事はとても大切。

くすみについては、糖化、カルボニル化をお伝えしました。

黄ぐすみには特に食生活を気をつけます。

糖分や塩分、脂質のとりすぎですね。

スナック菓子や炭酸ジュースはかなりのダメージです。

くすみだけじゃなく、美ボディのためにも、血糖値に気を付けるようにしてください。

糖分や炭水化物は血糖値を急にあげてしまいます。

食べる順番を変えるだけでも違いますよ。

太らない食べ方していませんか? 太るのは、摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなってしまうから。 ですから、カロリーをたくさんつかえばいいんです...

くすみ改善に紫外線対策は必須

紫外線対策もくすみだけじゃなく、美白、美肌には必須です。

春や夏につよくなる紫外線は、冬だってふりそそいでいます。

また、ガラスを通り抜けてきます。

ですから、1年を通して紫外線には気をつけましょう。

洗顔やクレンジングで角質ケア

透明感のある肌には、まず角質ケアです。

どんないい美容成分がはいった基礎化粧品でも、浸透しなければ意味がありません。

まずは、角質を落とし、浸透させやすくします。

次に保湿、美容成分を肌へ。

洗いすぎは肌にダメージになるので注意が必要です。

でも、クレンジングはスキンケアの基本。

もう、ただメイクを落とすだけじゃないんです。

くすみだけじゃなく、毛穴ケアにもクレンジングは意識していきましょう。

ピーリングも角質ケアには効果的。

肌の状態にもよりますけど、たまにスッキリさせるものいいですね。

クレンジングには色んなタイプがあるので、あなたにあったものをみつけましょう。

最近ではバームが人気です。

クレンジングって、どう選んでいますか? 肌にやさしいからと洗浄力の弱いクレンジング選んでいませんか? 毎日使うものだから、適当に選んではいけない...

くすみ抜けに美白基礎化粧品

角質ケアをしたら、とにかく保湿です。

基礎化粧品で保湿、美容成分で美肌をまもります。

化粧水や美容液の選び方は、美白効果が高いものです。

  • 美白成分
  • 保湿成分
  • 自分の肌に合うもの

あとは続けやすいよう、値段や購入場所もちゃんとみておくといいですね。

スキンケアをさぼるのが1番よくないですから。

プロのくすみ取りを受ける

Measures with beauty clinic

即効性のあるくすみ取りです。

それは、プロにお願いすることです。

エステサロンや美容クリニックは、美容のプロが専用のアイテムでキレイにしてくれます。

くすみについては、肌のトーンを明るくする、フォトフェイシャルですね。

美容クリニックでは、人それぞれの肌の状態、悩みにあわせて施術してくれます。

最近では、サロンやクリニックも増えてきました。

施術後のケアも先生がしっかりみてくれます。

肌に悩みがあるなら相談してみるといいですよ。

時間をかけて自宅でやっているより、効果的で時短にもなります。

まとめ

くすみの原因とケア方法はいかがでしたでしょうか。

人それぞれくすみの原因も違います。

対策もかわってきますので、まずはあなたの肌の状態を知ることからです。

肌によくないことを見直して、美肌のためのスキンケアをしていきましょう。

1番効果的なのはプロにみてもらうことです。

いつもは行けなくても、月に1度、季節の変わり目にでも、肌の状態をチェックできるといいですね。

くすみを取って、美白美肌をてにいれましょう。

これ以上悪化させないようにしたいですね。