目の下のクマを消す方法 原因と改善からおすすめのアイクリームまで

目の下にクマができたらどうですか?
疲れ顔、老け顔になってしまいます。
なんだかげっそりして見えていやですよね。

疲れや睡眠不足などでできてしまう目の下のクマ。
疲れじゃなく、色素沈着によってできてしまうクマもあります。
他にも目の下のたるみからできるクマもその一つです。

メイクだけでは消し切れない、悩める目の下のクマ。
そんな老けて見えてしまう、目の下のクマの原因から対策までお伝えします。

目のクマがなければ、もっと明るくキレイになれます。
そうしたら、メイクの悩みもなくなって、積極的になれるかも。

目の下のクマを消す方法 3つの症状と原因

目の下のクマに悩んでいる女性は意外と多いんです。
疲れ顔、老け顔に見えてしまいます。
メイクも濃くなったり、工夫しなければいけませんよね。

目のクマって1種類じゃないってご存知でしたか?

大きく分けると3種類になります。
それぞれ3つとも原因が違ってきます。

当然、改善方法も違います。
まずは目のクマの原因を理解しましょう。
あなたはどの種類のクマなのかを理解しましょう。
そして、それに合った改善方法を試してみてください。

あなたのクマはどの種類? くまの見分け方

目の下のクマは3種類あるとお伝えしました。
症状は違いますし、原因も改善方法も異なります。

あなたはどのクマですか?

目の下のクマは3種類

  • 茶クマ
  • 青クマ(赤クマ)
  • 黒クマ

目の下のクマは、この3種類にわかれます。
青クマと赤クマは原因と症状がにているので一緒にしました。

どうやって目の下のクマを見分けるの?

3種類(4種類)のクマの名前にあるように、色で見分けができます。

ただ、クマの色もよくわからない症状があります。
そんなときはそれぞれの症状で判断しましょう。

では、3種類+1のクマの症状と見分け方、改善方法をみてみましょう。

3種類の目の下のクマはどんな症状?見分け方から改善まで

3つの目のクマの症状、見分け方、改善方法までをお伝えします。
色だけじゃわかりにくいので、それぞれ詳しくみてみましょう。

青クマ(赤クマ)は疲れから? 血行不良で改善

青クマと呼ばれる目のクマは、疲れや睡眠不足からくるクマです。
症状は青く、または赤く見えます。
皮膚の静脈の色が青くみえるわけです。
目の周辺を引っ張ってみても、青クマは動きません。

青クマの見分け方は?

青クマの見分け方です。
目の下のほほあたりを下に引いてみると、青く見えます。
また、青色がうすまったりすると、青クマです。

青クマの原因は?

疲れや睡眠不足からくる血行不良がそもそもの原因です。

  • 睡眠不足
  • 疲れ
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 冷え
  • タバコ

まさに疲れ目からくるのが、青クマです。
疲れていませんか?

青クマの大きな原因には、血行不良があります。
目の周囲の血の流れが悪くなるとどうなるのでしょうか。
目の周りの皮膚はうすいので、毛細血管が見えてきます。

顔の血行がわるくなりリンパの流れが悪いと。
老廃物がたまってしまうことでクマが出ることもあります。

青クマを無くす方法

青クマは血行不良なので、疲れ目を解消することです。

  • マッサージ
  • ツボをおして血行アップ
  • ピーリング
  • 蒸しタオルで血行改善
  • 体を冷やす食べ物はひかえる
  • 血行をよくする食べ物を食べる
  • お風呂にはいる
  • ファンデやコンシーラーでメイクアップ

最近はスマホは当たり前ですし、テレビやパソコンもよく見ます。
仕事でも、PCは当たり前です。
目を休める時間帯をつくるようにするといいですね。

また、乾燥や冷えなどで、症状は悪化する場合もあります。
冬は動物のクマは冬眠しますけど、目の下のクマは出やすい環境です。

ですから、血行をよくするため、マッサージも効果的です。
ただ、お肌のマッサージはダメージを与えているかもしれません。
お肌に良くないので、肌を傷つけないようマッサージクリーム等をつけましょう。

茶クマは皮膚へのダメージ? 傷ついた肌にはまずは保湿で改善

茶色をしたクマが茶クマです。
この茶クマは色素沈着が主な原因です。

他にも原因は色々あります。
なかなか改善が難しいので、普段から予防したいのが茶クマです。

茶クマの見分け方は?

色素沈着によってできる茶クマ。
ですので、日焼けのような感じです。
肌に紫外線を浴びて、ダメージを受けると、肌を守るためにメラニンが作られます。

そのメラニンが残ってしまうのが、色素沈着です。
ですから、肌の表面につくものもあれば、皮膚の奥についてしまう場合もあります。

日焼けや摩擦によってできたシミのような感じにもなります。

茶クマの原因は?

茶クマは、青クマのような疲労やストレスによるものではありません。
ですから、しっかり対策、予防をしなければいけません。

そんな茶クマの原因はこちらです。

  • 紫外線のダメージ
  • こすったりして摩擦によるダメージ
  • 肌に合わないメイクや化粧品
  • メイク残りによるダメージ
  • 乾燥

目の周りは顔の中でも特にデリケートです。
皮も薄く、傷つきやすい部位ですので、合わない化粧品やこするのはやめましょう。
冬など寒く、乾燥する時期になるとクマができやすくなるので、保湿が必要です。

また、しっかりと肌ケアして茶クマができないように予防しましょう。

茶クマを無くす方法

肌の色素沈着による茶クマですから、美白が必要になります。
また、肌を守るためにしっかりと保湿をすることです。

美白効果のあるコスメはたくさんでています。
ただ、保湿ケアをする際、あまり肌をさわるとダメージにつながることもあります。
やさしくケアしてあげてください。

また、目の周りをこすったりするのも、肌を痛める元になります。
肌がダメージを受けると、黒ずんできます。
こすったり、あまりべたべた触らないようにしましょう。

他の無くす方法は、茶クマは美容治療のレーザーによる施術もあります。
シミやほくろとおなじですね。

最近では、あたらしく目の周りのクマ専用アイクリームがあります。
そちらも試してみてください。

⇒目元のハリ不足・皮膚やせに アイキララ

黒クマは肌のたるみが原因? へこんだ部分はどう改善するの?

黒クマは、肌のたるみやくぼみからできるクマです。
もともと目の下にくぼみがあると、クマができてしまいます。
メイクでなかなかごまかせないです。
茶クマと同じように普段からしっかりケアしていきたいところです。

黒クマの見分け方は?

黒い色のクマが特徴です。
目の下のくぼみやたるみがあるとできやすいです。
黒クマは、年齢を重ねることによって、肌がたるんでクマができてしまう場合があります。

黒クマの原因は?

黒クマは年齢を重ねるごとにできやすくなってきます。
その理由は目の周辺の筋肉の低下です。
目の下の肌がたるんできたり、涙袋ができてそのせいで影をつくります。
くぼんだ目の下が影によってクマになってしまいます。

原因の多くは年齢と重ねることにあります。
ですけど、生まれつき目の下の皮膚が薄い方は、なりやすいのが黒クマです。

この二つの原因は、歳を重ねるとコラーゲンなどの保湿成分がへっていくこともその一つです。

黒クマを無くす方法

黒クマはメイクではなかなか消すことができません。
化粧を厚塗りしてしまうと、余計に影が濃くなってしまいます。
コンシーラーでもかくせないことがほとんどです。

ではどうすればいいのかというと。

たるみを抑えることをすればいいのです。

  • ツボをおす
  • 顔の筋肉(表情筋)を鍛える
  • ヒアルロン酸注入
  • 脂肪注入

根本的な解決としては、顔の筋肉を鍛えることです。
たるみは肌の筋肉が衰えていくことから始まります。
ですから、毎日あまり動かさない顔の筋肉を動かすようにしましょう。
目や口、舌を動かす、顔面エクササイズを毎日するといいですね。

他にも、ヒアルロン酸、脂肪注入があります。
へこんでいる目の下をふっくらさせて黒クマを消すものもあります。

目の下のクマを消すためにできること

それぞれの色のクマの解消法をお伝えしました。

それぞれのクマのタイプによって、原因も症状もちがいます。
ですので、それにあった改善をしなければいけません。

ただ、目元のクマは筋肉不足、血行不良、保湿不足などが主な原因です。
クマを消すためにできる、基本的なことをここお伝えします。

目のストレッチで筋力アップ

目の周辺の筋肉、表情筋をきたえることで、たるみの防止、血行の促進をします。

  1. 眼球を動かします。(右左上下ぐるっとまわしたり)
  2. 目をバッと大きくみひらき、5秒ほどひらきます。
  3. 目をぐっと閉じて5秒ほどそのまま閉じます。

目の運動に、口の運動も足せば、顔全体のたるみ予防にもつながります。

顔のマッサージをして血行促進・老廃物を流す

顔を強くマッサージするのはいけません。
肌にダメージを与えてしまいます。
ですが、顔にたまった老廃物、血行をよくするために、リンパマッサージが効果的です。

頭、顔は特に心臓よりも上にあるので、血の流れがわるくなりがちです。
薄毛の原因の一つにも血行不良がありますからね。
頭のてっぺんはなかなか血のめぐりがよくないので、栄養も回りにくいんです。
また、老廃物もたまってクマが濃くなります。

ですから、マッサージをやさしくするようにしましょう。

  1. 中指か薬指の腹の部分で目頭から、目じり(耳側)の方へ血を流すようにマッサージします。
  2. 両こめかみを3本の指でぐるぐるとリンパマッサージします。
  3. こめかみから耳の後ろへとリンパを流していきます。
  4. 耳の後ろから、首筋を流し、肩から胸の上までマッサージします。
  5. 脇をマッサージしてリンパを流します。

※ちなみにフェイスラインやホホ、おでこもこめかみへ向かってやさしくマッサージすることで、むくみがとれたりすっきりします。

マッサージクリームを使って、肌にやさしくケアしてあげてください。

十分な睡眠と適度な運動できるかな?

よく聞くこのフレーズ。
睡眠と運動ですけど、これは目の下のクマだけじゃなく、体には必要なものです。
寝ることで体、肌をゆっくりやすめ、体を動かして体全体の血の流れをよくします。

目も休めることができますしね。
でも、普段、運動をするのはなかなか難しいです。
仕事が忙しければ、仕事帰りにジム通いなんてできません。
ですから、運動も工夫してするといいですね。
例えば、1駅分歩いてみるとか、エレベーターを使わず階段を使うとか。
意識して行動することが大切です。

バランスの取れた食事

食事についてもそうですよね。
よく聞きます。
生きるために必要なもので、健康でいるためにはバランスのよい食事をとることです。

とにかく保湿

どのタイプのクマでも、乾燥はクマを悪化させます。
目の周りが乾燥することで、肌のたるみにつながります。
乾燥によって肌がダメージを受ける。
すると、肌を守ろうとしてメラニンを発生させます。
これがシミや茶クマの原因になってしまいます。

歳をとるにつれ、肌のうるおいは落ちていきます。
だから、しっかりと保湿するようにしましょう。

なぜ目の下にクマができるの?

青(赤)、茶、黒クマの原因と解消方法がわかりました。
でも、そもそもなんで目の下にクマができるのでしょうか。

なぜ目の周りにクマができるの?デリケートな目の周り

顔の中でデリケートな部分ってどこを思いつきますか?
誰もが目や口を考えると思います。
特に目は大事ですよね。

目の周辺は毛細血管だらけです。
目への栄養などは、この毛細血管が運んでいます。
さらに、目の周辺は皮膚が薄いために、実はとてもデリケートな部分なんです。

こするとダメージになる?

目がかゆいから、こすったりしていますよね?
目の周りのメイクは印象に残るので、時間かけますよね。

こすったり、メイクのダメージでクマになりやすい場所です。
色素沈着というものですね。
かゆかったりする時は、なるべく目の周辺は傷つけないように気を付けましょう。

すでにお伝えしたように、今お伝えした色素沈着は茶クマです。
他にもありましたよね。
血のめぐりがわるくてできる青(赤)クマ。
皮膚のたるみ、へこみによる黒クマです。

クマはそれぞれ原因は違います。
根本的な原因は、目の周辺はデリケートなこと。
なので、しっかりとメンテナンスが必要です。
予防が必要なんです。

疲れや睡眠不足、血行不良、乾燥など、クマになり最終的には肌がたるみやすくなります。
クマができやすい目の下ということです。
ですから、クマの予防と改善に目の周りを大切にしてください。

目の周りのクマは美容医療・エステで治せます

目の下のクマの改善方法はたくさん。
保湿ケアや血行マッサージ、温タオルや顔面エクササイズなど。
自分でできる改善方法はたくさんあります。

でも、即効性はあるかというと難しいかもしれません。
少しの間続けないと改善されていきません。

そこで、美容医療ならば目の下のクマは解消されます。
ただ、問題がお金ですね。

目の下のクマはエステサロンで改善?

エステサロンと言えば、ボディ、フェイシャル、脱毛やヘッドスパまで色々ありますよね。
それぞれプランやコースがあります。
美肌だけじゃなく、ダイエット効果が期待できるものまであります。

そのプランの1つに、目もとのクマを集中ケアしてくれるコースがあります。
フェイスエステとは違うの?
と、思ってしまいますけど、アイケアに特化しています。
機械も目元用のアイケアマシンを使います。

黒、青、茶クマ全ての改善が期待できるエステでの目元ケアなんです。
美容クリニックはちょっと怖いです。
値段も無理という方で本格的にクマ対策したいなら、目元エステがいいかも。

エヴァーグレースエステサロンは多くのメディアに取り上げられた話題の新エステ【目元エステ】が受けられます。
ヒルナンデスでも紹介されていましたね。
取り扱っている店舗は、東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、愛知、大阪になります。
美容クリニックよりは安いですけど、お金はかかります。

まずはお試しを受けてみてからがいいですね。

⇒クマ・シワ・たるみを徹底ケア【エヴァーグレース】 

クマを美容医療で治す場合

黒クマは目の下の脂肪が少なくてへこんでいる。
または、加齢で眼輪筋という目の周りの筋肉がおとろえて、脂肪が前に押し出されてしまうことが黒クマの原因です。

この黒クマを治療するには、押し出された眼球を包んでいる脂肪を抜く治療方法があります。
さらに、たるんだ皮膚に脂肪を注入して、くぼみをふっくらさせます。

茶クマの場合は、目の下に色素沈着がおこって、シミのようになってしまうクマです。
美白効果の期待できる化粧品を使うのが一般的です。
美容医療では、レーザー治療になります。
シミの原因のメラニンを排出するのをうながします。
新しくできるメラニンを抑える治療方法です。

これだったら、顔を切ったり、注射することがありません。
ですので、やってみようかなって気になります。
後はお金の問題だけですけど。

この治療方法は美容整形のようになってしまいます。
ですから、簡単にやってみようという感じではないですよね。
しかも、価格も保険がきかないので何万、何十万円もします。

美容治療は効果大きいです。
でも、高価なので余裕がないとできません。
ですがもっとコスパのいいケア方法があります。

それは、目のクマ専用のクリームです。

手軽にできる 目のクマにはクマ専用アイクリーム

クマ解消のために、生活習慣や食生活を整えたりします。
また、顔エクササイズやマッサージなど、色々できることがあります。

中でも美容治療は効果もお金も特別ですけど。
青クマや黒クマは、年を重ねるごとにおとろえていく皮膚のコラーゲンの減少による乾燥が問題になります。

じゃあ内側からコラーゲンサプリやドリンクを飲んだり、外側からは塗ったりすればクマがよくなると聞きますけど、そんな簡単じゃないですよね。

コラーゲンサプリなどは、そもそも目の下の皮膚に直接届かせることは無理でしょうしね。
目の下にコラーゲンをぬっても、一時的な解決にしかなりません。
そこで、目の下のクマのために作られた数少ないアイクリームを2つご紹介します。

目の下には専用アイクリーム【アイキララ】

皮膚やせの黒クマにアイキララ

そんな目元の悩みを解決するために開発されたのが、医学誌にも掲載された目の下用アイクリームのアイキララです。

ハリがなくなった皮膚やせの黒クマに

アイクリームは他にもたくさんあります。
けど、アイキララは皮膚やせのために開発されたアイショットクリームです。
皮膚やせは目の周りの筋力の低下でできてしまうものです。
黒クマのところでお伝えしましたね。

皮膚やせによる黒クマはコンシーラーでは隠せません。
メイクでかくそうとすると、厚化粧になってしまいます。

黒クマを解消するためには、根本的な解決が必要です。
ヒアルロン酸や脂肪注入が対策とすでにお伝えしました。
アイキララはたるみでできてしまった黒クマの悩みを根本的に解決します。

コラーゲンサポート成分とめぐり力

目の周り用のお高いアイクリームは確かに保湿力はすごいです。

でも、目の下のクマについては、根本的な原因にアプローチしていない。
一時的かそこまでの効果はありませんでした。

アイキララはその時だけ隠すものじゃないんです。
ビタミンC誘導体の1種MGAがコラーゲンをサポートします。
皮膚のコラーゲンの産生をサポートする。
それで、ふっくらした本来の肌をとりもどすといった感じです。
そもそもの原因を解消するといったものです。

また溜まった老廃物や脂肪をめぐり力で解決するために、ビタミンkや植物由来の美容成分が配合されています。

アイキララは容器が使いやすい

アイキララの容器は注射器のようなタイプです。

必要な量が1回プッシュで出るので簡単で楽です。
使いやすいとめんどうなことが減るので、続けやすいですよね。

アイキララは1月約2,500円で全額返金保証付き

話題のアイキララの値段です。
何万もするものじゃなく、定価は2,980円。

定期購入だと、10%オフ~30%オフになります。
1ヶ月で約2,500円になるんですよ。
ただし、3ヶ月分を購入しなきゃいけないので、1度にはらう金額は高くなります。
長い間使うのがおすすめですけど、1個づつ購入したいときは10%オフのお試し定期コースがおすすめ。
お試しなので、いつでもストップできます。
試してみてよかったら、15%オフの基本コースにするのもいいかもしれません。

また、発売からモンドセレクション金賞を連続で受賞しています。
超人気で発売後すぐに品切れになったというほどの実力です。
いつものスキンケアの時に、さっと塗るだけなので使い方も簡単でつづけられますよ。

↓皮膚やせにアイキララでふっくら目元を取り戻すにはこちら↓

⇒目元のハリ不足・皮膚やせに アイキララで

これいいかも。

【アイプリン】目の下のクマ専用クリーム 満足度98%

アイプリンは目元ケア専用クリームです。
クマのために作られたので、効き目がすごいんです。

ケアクリームだけじゃなくて、コンシーラーとしても使えるため、即効性もあります。
もう少し詳しくお伝えします。

目の下のクマ専用だから効く!

目元のクマの悩み

目の下のクマは、すでにお伝えしているとおりです。
血行不良、代謝不良、肌のたるみなどでしたよね。
アイプリンはこのクマの原因に対して、水分の排出を促してむくみをすっきりさせます。
アミノ酸やポリフェノールがめぐり力を上げます。

さらに、血行をうながして、明るい目元をめざします。
血の流れをよくするには、ビタミンEが効果的。
大豆、緑黄色野菜に豊富なビタミンEでもめぐり力をアップです。

アイプリンには濃縮美容液配合 ノーベル賞受賞の注目の成分も

今、美容界で注目されている成分EGFがはいっています。
このEGFはノーベル生理学医学賞を受賞しています。

たんぱく質の1種で、細胞の生成促進、機能調整の力を持っています。
人間の体の成長や維持には成長因子(グロースファクター)が必要なんです。
そのEGFを含め、5種類のペプチドがはいっています。
さらに、ヒアルロン酸はもちろん、プラセンタ、セラミドなどたくさんの美容成分もはいっています。

コンシーラーとしても使えるアイプリン

アイプリンをさっと目の下にぬるだけで、クマをかくすコンシーラーとしても使えます。
ですから、クマを隠している間に、根本的にクマを解決してくれるんです。
即効性も十分で、根本からのクマを解消してくれます。

アイプリンはコスパにすぐれている

値段は単品価格5,980円です。ちょっと高めですよね。
でも、半額以下で購入できます。

最安値で買うには定期コースでの購入になります。
5か月継続のしばりがあります。

でも、初回1,480円で2か月目以降は2,980円まで安くなります。
アイキララと比較しても、値段はそれほどかわりません。
コスパもよく、コンシーラーの代わりにも使えます。

アイプリンのクマを隠しつつ、根本的解消はうれしいですよね。
ただ、毎月先着300名の限定なのでお早めに。

↓人気のアイプリンの詳細と購入はこちらから

⇒何をしても消えなかったクマに 【アイプリン】

クマの悩みがなくなったら、メイクも迷いません。
1度に使う量や化粧直しも減りますからね。
なによりも、悩みが解決できたら自信がついて色々前向きになれるかも。

【人気】目もとの悩みに 新しい目元用クリーム【メモリッチ]

目のクマにメモリッチ

メモリッチは青クマ、茶クマ、黒クマ全てに使えます。
また、悩めるシワやたるみにもうれしい成分がはいっています。

メモリッチを実際に使った試験でも、目元の水分量が上がる結果が出ています。
話題の新しいアイケアクリームで、人気急上昇してます。
そんなメモリッチのどこがいいのかお伝えします。

アイクリーム最大の67種美容成分

アイプリン、アイキララなど、今では色んな種類がでているアイクリーム。

そんな中でもメモリッチは67種の美容成分配合です。

  • しっとりうるおいを与える
  • ぷるぷるなハリをつくる
  • つやつやとキメを整える
  • クリアに引き締める

これらの期待できる効果は、他のアイクリームにはない、美容成分93.3%からきています。

目もとの悩みのために研究を重ね作られ、注目は独自成分のアイキシルです。

敏感肌でも安心して使える8つの無添加

メモリッチのテクスチャー

肌は人それぞれなので、心配なのは副作用や肌あれです。
メモリッチは8つの無添化で肌にやさしくできています。

目元は顔の中でも敏感なところです。
1日に動かす回数も多く、年齢と共に衰えやすい部分です。
ですから、敏感肌でも使えるやさしいクリームを使うようにしましょう。

メモリッチはコスパ最高(今1番オススメ)

メモリッチはコスパ最強

新しい製品で、美容成分たっぷりなメモリッチ。
美容成分の量からみると、高そうに感じます。
でも、他のアイクリームよりも安く買うことができます。

しかも通常の価格よりも安く買えることができます。
1本あたり約2,300円で悩みが解決できればうれしいですよね。
この金額はオススメしているアイクリームの中で1番安いです。
ただし、3本まとめ買いなので、注意です。
もちろん、単品購入や1本の割引定期コースもあります。

送料無料、ホットアイマスクプレゼントもあります。
また、30日間の返金保証もついています。
何回購入しなくちゃいけないなどの、継続縛りもありません。

メモリッチだったら、毎日鏡を見るのが楽しみになるかも。

↓クマに効くメモリッチの効果と口コミはこちらから

⇒全てのクマ対策に【メモリッチ】

【アイウルル】目の下のクマだけじゃなくシワまで!

アイプリン

ここでご紹介したアイクリームは目の下のクマ用でした。
でも、アイウルルはクマだけじゃないんです。

目じり、目の下、まぶたに保湿と美肌が期待できます。
シワ対策にうるおい成分スクワランやセラミド、スイゼンジノリ多糖体。
血行をよくしてクマを予防する、アルギニン。
すっきり目元に、アロエベラ葉エキス、シトルリン。
コラーゲンをつくる成分など、たっぷり目元ケアです。
まだ、新しく出たばかりですけど、すでに人気爆発中です。

目元ケアは早ければ早いほうがいい

肌のシワはうるおい不足が原因かも。
でも、年齢を重ねるとコラーゲンがへり、シワやたるみの元になります。
しかも、コラーゲンは肌の真皮の70%をしめています。

紫外線や乾燥のダメージを受けやすく減りやすいです。
これは20代でもうすでにはじまっています。

生レチノールとビタミンC誘導体がきく

アイウルルの主要成分にレチノールとビタミンC誘導体がはいっています。
高級美容成分のレチノール。
浸透しやすくなった2種類のビタミンC誘導体。
保湿をさらに追加した、美容成分。
保湿だけじゃない引き締め成分。
目元をあかるくする美容成分。

1本5,000円とちょっと高めです。
でも、この金額は定期コースだと、初回980円。
2回目からは3,980円です。

ただし、注意しなければいけないのは、4回の継続が必要です。
4回までの合計金額は12,920円です。
初回が980円なので始めやすいですね。

⇒【新製品】「目元の悩み」にWアプローチ【アイウルル】  

まとめ

目の下のクマだけで、老け顔いやですよね。

クマには種類があって原因もちがいます。
それに合わせて対策していきましょう。

すっぴんでもきれいな顔でいるために日ごろから気を付けたいですね。