夏のスキンケア 肌ダメージをおさえて美肌力をあげて乗り切る

夏のスキンケアはダメージ対策が大切

暑い夏、紫外線、エアコンの冷えなど、

肌へのダメージが大きくなる季節。

日焼けや乾燥など、肌トラブルの元がたまっていきます。

 

紫外線はとくに肌にダメージをあたえてシミを作ります。

シミを作らないためには、肌のターンオーバーをうながすこと。

それでメラニンをおしだしてシミを防ぎます。

 

でも、夏は肌のターンオーバーが乱れがちに。

夏の美肌力を一気にあげるには、クリニックがオススメです。

レーザーやフォトフェイシャルでメラニンを抑えます。

そして、たっぷり保湿、角質をとって美肌力をあげましょう。

 

季節がすぎてからじゃ肌はダメージたっぷりですよ。

今回は夏の正しいスキンケアをお伝えしたいです。

後悔しないよう、暑い夏を美肌で乗り切りましょう。

 

夏の肌ケア ダメージの多い季節にはプロの手を

Lots of skin damage in summer

夏は海やキャンプ、バーベキュー、フェスに旅行など、楽しい季節ですけど、暑く露出もふえます。

紫外線やエアコンの冷房による冷え。

汗や皮脂の分泌もおおくなって、悩みの多くなる季節です。

 

そんな肌の悩みを解決するには、プロに相談が確実です。

美容医療は日々進化してます。

メラニンをこわすレーザーやフォトフェイシャル。

シミや肌のターンオーバーに美容のプロの力をかりちゃいましょう。

 

プロの手で美肌力をあげる

Cosmetic surgery to make skin beauty

美容のプロといえば、医療クリニックやサロンの先生方です。

スキンケアの方法はもちろんですけど、肌ダメージケアも当然わかっていますよね。

 

体や肌は人それぞれです。

ですから、その人にあった方法を提案してくれます。

本気のスキンケアなので、美容に期待できます。

夏のダメージがたまらないうちに美肌力を上げておくといいですね。

ただ、その分お金はかかっちゃいますけど。

即効性があるので試してみたいケア方法です。

レーザー治療でメラニンをけす

紫外線などのダメージから肌をまもろうとするメラニン。

メラニンはシミの元です。

美容クリニックでのレーザー治療はこのメラニン色素にアプローチします。

レーザーはシミだけじゃなくて、そばかす、ほくろ、あざなどを消すことができます。

 

ただ、シミやそばかすは種類があって人それぞれ。

ですから、ちゃんとカウンセリングしてくれます。

レーザーは肌をいためることなく、メラニンに反応。

しかも、短期間で施術できます。

高額なのがデメリットですけどね。

シミを消す方法 4つのタイプの原因と美白方法 確実はレーザー
出来てしまったシミに悩んでいませんか? 若い頃はシミができても、いつのまにか消えていました。 でも、最近できたシミがなかなか消えない。 そんなシミ対策には美白ケアを続けることです。 今まで通りのスキンケアじゃ...

白玉注射グルタチオン点滴で抗酸化

白玉注射は肌の美白のための点滴です。

インナーホワイトニングですね。

海外セレブから話題になりました。

 

成分はグルタチオンと呼ばれます。

グルタチオンは3つのアミノ酸が結合したものです。

肌や目におおく存在します。

  • メラニン生成をおさえる
  • つよい抗酸化作用
  • 疲労回復
  • 免疫力
  • 貧血

抗酸化作用がつよく、酸化を防いでくれます。

免疫力もあります。

ただ、紫外線や加齢でへっていきます。

サプリメントじゃないのは、腸で吸収されにくいからです。

だから、点滴するんですね。

エレクトロポレーションで美白成分を

エレクトロポレーション(イオン導入)とは、肌に有効成分を浸透させるものです。

針をつかうことなく、細胞に直接、成分をおくります。

いままで浸透させることができなかった、ヒアルロン酸やトラネキサム酸、成長因子などもできるようになりました。

痛みもありません。

効果はこちらに有効です。

  • シミ
  • ニキビ
  • ハリ
  • 毛穴
  • 美肌
  • 美白

フォトフェイシャルでスキンケア

レーザーと同じようにシミやそばかすにつかいます。

でも、レーザーとは光の性質がちがいます。

フォトフェイシャルのほうがやさしい光といったかんじです。

  • シミ
  • そばかす
  • くすみ
  • 小じわ
  • 毛穴
  • 赤ら顔
  • 肌のハリ

これらに効果的です。

顔全体に光をあてます。

肌が活性化して、キメが整います。

レーザーはピンポイントでターゲットだけに施術します。

逆にフォトフェイシャルは、顔全体に光をあてます。

麻酔も必要ないですし、施術後も洗顔やメイクもできます。

施術回数が多くなりますけど、金額はレーザーに比べるとやすくなります。

 

肌ダメージを防ぐには何がダメなのかをしることから

What is the cause of skin damage?

シミやそばかす、乾燥など、肌を守るには何がいけないのか意識することです。

予防ですね。

肌ダメージの予防は、肌刺激がなんなのかを知っておくことも大切。

夏は紫外線とエアコンが肌に大ダメージ

Ultraviolet rays cause great damage to the skin

夏は日焼けに乾燥などダメージいっぱいです。

紫外線はとくに肌ダメージになります。

肌老化の1番は紫外線といってもいいくらいですよね。

ですから、紫外線予防はしっかりやるべきです。

夏だけじゃなく、1年をとおしてブロックしましょう。

日焼け止めで紫外線ブロック

春から夏にかけて紫外線が強くなります。

1年中、紫外線対策は必要ですけど、とくにこの季節はちゃんとしましょう。

 

日焼け止めをしっかりぬります。

日傘や帽子、サングラスもつかって肌をまもります。

そして、外出はなるべく日陰ですね。

 

でも、紫外線を完全にふせぐことは無理です。

たくさん浴びてしまったら、白玉注射を点滴。

普段よりもしっかりスキンケアをすぐにします。

紫外線を多くあびて、そのままにしておくとダメージがのこります。

シミにもなりやすいですよ。

老化に怖い紫外線対策 シミやシワから肌をまもる8つのことで対策をしっかりしておきたいです。

紫外線対策 シミやシワ老化の最大原因から肌をまもる8つのこと
紫外線はシミやシワ、たるみなど老化の最大原因。 エイジングケアはまず紫外線対策といわれるほどです。 もう日焼け止め1種類をただ塗れば対策できる時ではないんです。 日焼け止めの種類から、塗り方、サプリメントま...
ビタミンサプリで内側から予防

Vitamin supplement

紫外線をふせぐために日焼け止めを外から塗ります。

さらに、内側からはビタミンCや白玉点滴です。

飲む日焼け止めも最近では当たり前ですよね。

 

抗酸化力をあげておくことで、肌をまもります。

しかも、ビタミンはシミだけじゃなく、シワやたるみにも効果的。

 

ただ、柑橘類など光毒性のあるソラレンを含んでいる場合があります。

ソラレンは紫外線を吸収しやすくしてしまいます。

ですから、手軽なサプリメントがいいですね。

ソラレン【光毒性】の多い食品がシミの原因に 朝食や紫外線に注意
今回は紫外線を吸収してしまう、光毒性についてです。 光毒性物質は、ソラレンと呼ばれています。 紫外線を肌に吸収しやすくしてしまう。 怖いですよね。 柑橘系の食品に多くはいっています。 柑橘系のフルーツはビタミン...

間違ったお風呂の入り方でセラミドがへる

How to take a bath not good

肌のうるおいは皮脂膜、角質層でまもられています。

このバリア機能がないと、体には外からはいってはいけないものが入ってしまいます。

角質層には角質細胞と細胞間脂質があります。

この2つがくっつきあって水分をたもっています。

肌を守るには必要なんですね。

 

また、セラミドが足りていない状態だとどうなると思いますか?

バリアが弱くなりますよね。

そして水分が出てしまうので、肌は乾燥します。

他にも年齢をかさねることでも、セラミドは減っていきます。

 

加齢以外でも、セラミドが減ることがあります。

それは、間違ったお風呂の入り方と洗いすぎです。

 

お風呂は温かいお湯をつかいます。

ここで、40度を超えるお湯だとセラミドが流れることがあります。

他にも、洗いすぎたりこすりすぎたりもよくないです。

セラミドだけじゃなく、天然保湿因子もながれでやすくなってしまいます。

だから、洗顔はぬるま湯でやさしくあらうんです。

熱いお湯だと、乾燥したりつっぱったりしますよね。

 

夏は肌のターンオーバーが乱れがち

In the summer skin turnover tends to be disturbed

肌があたらしく生まれ変わるターンオーバー。

その周期は14日間~28日間と言われています。

年齢や人にもよって変わってきます。

 

肌のターンオーバーが正常とします。

すると、紫外線を浴びてできたメラニン色素は肌の外へ押し出されます。

でも、肌にダメージがたまると、このシステムもおかしくなります。

そうなると、メラニン生成が止まらなくなってシミになってしまいます。

くわしくはこちらのシミは肌ダメージが蓄積した結果をどうぞ。

シミの原因は肌蓄積ダメージだった 仕組みと消える改善方法
今すぐシミを消したい! 白いキレイな肌にポツポツでき始めたら、すごく落ち込みますよね。 そんなシミは人によって色々です。 それぞれ改善方法も変わってきます。 ただ、最近の肌研究でわかったことが...

 

夏はこの肌のターンオーバーがとどこおりがちになります。

するとメラニンの排出もにぶくなって、シミになりやすいです。

この対策としては、先ほどお伝えしたレーザーやフォトフェイシャルです。

ターンオーバーを促し、メラニンを壊します。

さらにセルフケアで角質ケアと保湿でととのえるといいですよ。

 

夏こそスキンケアの見直しを

Review the skin care

新しいコスメをよく試してみるのはいいことです。

自分にあったものもみつかります。

また、コスメも日々進化しているので、新しい効果も期待できます。

 

逆に1年中スキンケアの方法を変えていない方。

あまりいないと思いますけど、季節によってかえましょう。

 

夏の正しい肌ケア方法 インナードライをふせぐ

Review the skin care

夏は暑く汗をたくさんかきます。

皮脂もふえてべたつくことも多くなります。

だから、肌はうるおうと思っていませんか?

 

実は暑い季節はインナードライ肌になることがあります。

また、肌へのダメージが多いので乾燥しているかも。

ですから、暑い季節のスキンケア方法をみなおしてみましょう。

インナードライ対策は保湿ケア

暑い季節は汗をよくかきます。

汗をかいていると肌はうるおっていると勘違いしてしまいます。

実は紫外線や冷房での乾燥などで肌はダメージがたまっています。

 

肌が乾燥していると、肌をまもるために皮脂をだします。

顔がテカっている方で勘違いしやすいのがこれです。

乾燥肌なのに、自分は脂性肌だとおもっている方。

肌は皮脂をだし、水分をまもります。

 

でも、私達はべたついていると思ってふき取ります。

すると、肌はもっと皮脂をだしてしまうことに。

肌表面はうるおっているのに、内側は乾燥しているインナードライになってしまいます。

 

こんなインナードライ肌にはやっぱり保湿です。

肌を守るには、保湿が重要。

ただ、ダメージを受けている肌はゴワゴワです。

いい保湿アイテムをつかっても、浸透しにくくなっています。

そういう時は、古い角質をとります。

さらに、肌をやわらかくめぐり力をあげます。

ホットクレンジングやホットタオルも効果的。

その後にしっかり保湿です。

毎日完璧メイクオフで美肌力アップ

Women always want to be beautiful

女はいつもキレイでいたいですよね。

メイクしたり、紫外線を防ぐために日焼け止めをぬったり。

当然、毎日メイクや日焼け止めをおとさなければいけませんよね。

その際、クレンジング、洗顔をします。

 

このクレンジングが適当だと、肌にダメージが溜まっているかも。

美肌をつくるにはクレンジングが大切です。

クレンジングや洗顔のやり方も注意しましょう。

毎日のことだから余計に気をつけたいですね。

クレンジングの種類と違いと特徴 選び方はメイクの濃さで
クレンジングって、どう選んでいますか? 肌にやさしいからと洗浄力の弱いクレンジング選んでいませんか? 毎日使うものだから、適当に選んではいけないんです。 クレンジングは種類がたくさんありますよね。 違...

スキンケアコスメを正しくやさしく

肌のダメージケアは、とにかくスキンケアアイテムをぬればいいものじゃありません。

塗り方も大切です。

肌へのまさつはダメージ大。

化粧水や美容液をマッサージのようにゴシゴシ塗り込み厳禁ですよ。

肌へ浸透させようと、パンパンたたくのもよくないですからね。

 

寝ている時のまさつにも注意

Be careful of the matters when you are asleep

寝ている時のまさつも肌ダメージの原因の一つ。

パジャマではなく、枕を考えてみてください。

寝ている時はかならず寝返りしますよね。

そのとき肌はまくらとこすれます。

 

対策としてはシーツやカバーの素材をかえること。

シルクにすると肌にもやさしくて気持ちいいですよ。

 

美容に悪い体の冷え対策

Try not to cool your body体が冷えるのは冬だけじゃありません。

夏のエアコンも体をひやします。

冷房がききすぎていると美容によくありません。

自分の部屋なら調整できます。

でも、会社や飲食店、電車やビル内はよく冷えています。

 

体が冷えるとどうなるでしょうか?

体は急に冷えたり暑くなったりすると、体温調節が忙しくなります。

体温調節は自律神経が制御しています。

この自律神経がおかしくなると、ホルモンバランスにも影響します。

すると、美肌に関係ある女性ホルモンも乱れてくるわけです。

肌荒れや、乾燥につながってきます。

 

たとえば、いい化粧水や美容液をつかっているとします。

でも、元々そなわっているコラーゲンやヒアルロン酸が生成できなければ、肌をおとろえていくばかりです。

良いスキンケアコスメをつかっても、元々の力や、浸透力がなければ、肌の表面にぬっているだけになってしまいます。

じゃあ体の冷え対策をみていきましょう。

お風呂に入って体温をあげる

Heat the body with a bath

最近は暑いからとシャワーだけにしている方も多いです。

お風呂はめんどうですからね。

 

でも、バスタブ、お風呂にはいることはとってもいいことなんです。

体温が上がって、代謝があがります。

あたたまっていると、めぐり力もあがって、スキンケアの効果にも期待できます。

冷え性の女性っておおいですからね。

冷房がついた部屋はあつぎする

Try not to lose your body for beauty

職場やカフェやレストランなど、寒いからといって冷房を下げることはできませんよね。

周りの人もいるので、むずかしいです。

 

そんな冷えている部屋にいるときは、ちょっと着られるものをもっていくといいですね。

最初は涼しくていいですけど、長時間いるとどんどん体が冷えます。

ちょっと厚着できる、羽織れるものですね。

冷たいものばかり飲むのも注意がひつようです。

ただし、暑すぎる日本の夏は熱中症に注意です。

 

まとめ とにかく肌への大ダメージを予防する

暑い夏のスキンケアは間違えている方が多いです。

まずあなたの肌がどんな状態なのかしることもいいですね。

 

とにかく肌へのダメージを減らすことです。

ダメージは特に紫外線が大きいです。

 

紫外線対策、美白ケアの二つをていねいに行うことで、美白美肌をまもれます。

オススメは美容外科やサロンでプロのケアを受けることです。

スキンケアのプロは色んな方の肌をみています。

そして施術しています。

ですから、あなたにあった肌ケアを提案してくれるはず。

 

秋冬に後悔しないよう、美肌力をあげておきましょう。

コメント