【恐怖】紫外線アレルギーの症状と対策 突然やってくる日光

日光に当たったら、肌がぶつぶつになったり、かゆくなったり、突然肌トラブルが起こることがあります。

 

紫外線アレルギーと呼ばれるものです。

食べ物のアレルギーと同じように、アレルゲンによって湿疹やかゆみ、肌が荒れたりします。

アレルゲンとは :アレルギーの原因となるもので体の中にあります。体の外からはいってきたものと反応して、アレルギーを発症します。

 

突然やってきたりもするので、まずは原因を理解して予防、対策をしましょう。

 

紫外線(日光)アレルギーの症状と原因

日光を浴びた時、普通だったら日焼けだけですむはずだったけど、なんだか肌がおかしい。

かゆくて、ぶつぶつがでてしまってませんか?

それは、紫外線アレルギーかもしれません。

 

まず、紫外線(日光)アレルギーの症状と原因を理解しましょう。

 

紫外線アレルギーとはなに?

最初少しふれたように、紫外線アレルギーとは紫外線に対してアレルギー反応が出てしまうことです。

日光過敏症ともいわれます。

 

アレルギーの発症は突然やってきます。

 

原因は後ほどお伝えします。

食物アレルギーや花粉症、金属アレルギーなどと同じアレルギーです。

 

紫外線とは

紫外線は、日光にふくまれる光の種類です。

また紫外線にも種類があって、地球上にはUV-A、UV-Bの2種類が降り注いでいます。

 

肌や目にダメージを与える強い光で、日焼けばかりじゃなく、乾燥、たるみ、シワ、シミの原因にもなります。

詳しくはこちら

肌を老化させる紫外線とは?

 

紫外線アレルギーの症状

  • 肌が赤くなる
  • 肌がかゆくなる
  • 肌がはれたり、荒れたりする
  • 肌にぶつぶつのしっしんやじんましんがでる
  • 肌がみずぶくれのようになる
  • 目がかゆくなる
  • 目が赤くなる
  • 頭が痛くなる
  • 吐き気

紫外線アレルギーは、肌が蕁麻疹(じんましん)のようなしっしんが多いです。

日光に当たるとアレルギーの症状がでます。

ひどくなると水ぶくれの症状もでます。

 

肌に日光が当たった部分だけに出る場合が多いですが、あたっていない場所にもでることがあります。

 

肌や目の他にも、頭痛、吐き気など全身にでる症状もあります。

 

紫外線アレルギーの検査方法

症状はなんとなっくわかっても、本当に紫外線アレルギーなのか不安です。

そんなときは、病院で[光線過敏症テスト]を受けてみて下さい。

 

肌に紫外線を当て検査してくれたり、血液検査、パッチテストをします。

ちゃんと薬も処方してくれるので安心です。

皮膚科、アレルギー科がある病院で検査、治療してくれます。

 

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの原因は、大きくわけると2種類あります。

体の内的要因と外的要因です。

それぞれどんなもなんでしょうか。

 

紫外線アレルギーの内的要因

アレルギーには色々ありますが、内的要因はある日突然くることがあります。

アレルギーに対する抗体の量が、一定の量を超えると発症してしまうものです。

発症してしまう順序は次のとおりです。

  1. 紫外線をあびる
  2. 免疫機能が抗体を作る
  3. 抗体がその人の許容範囲をこえると、過剰反応がおこりアレルギー発症
抗体とは :病原体や特定の異物が体に入ったとき、特異的に反応する。免疫の元で体の中に作られる。

 

花粉症など同じように、去年はなにもなかったのに、いきなり今年発症したりします。

紫外線アレルギーもそれと同じです。

それまでは平気だったものが、抗体の限界を超えてしまって、発症してしまいます。

 

でも、周りにはアレルギーなんてまったくない方がたくさんいます。

これはアレルギーの元をもっていない方で、抗体を作ることがないためアレルギー反応がでません。

 

ただし、外的要因として発症してしまうことがあるので、注意です。

 

紫外線アレルギーの外的要因

外的要因は、薬、日焼け止めなどにはいっている成分が、紫外線アレルギーを発症することです。

日焼け止めで言えば、中の成分の紫外線吸収剤が肌に合わないことがあります。

 

他にも、化粧品にも反応してしまうことがあります。

また、飲んでいる薬にも反応することもあります。

筋肉痛や痛みをやわらげるシップなども、紫外線をあびると反応が出る場合があります。

 

日焼け止めだったらなんでもいいと思っていたら、実は紫外線アレルギーの元だったなんてこともあります。

紫外線アレルギーの症状が出た時、体じゃなくて、顔だけしか出ていない時は化粧品に反応してしまったことになります。

 

紫外線アレルギーの治し方

紫外線アレルギーの症状がでてしまったら、病院が1番です。

診断結果もしっかりとでますし、薬も処方してくれます。

 

原因の特定もできますし、治療が早いので病院へ行くことをおすすめします。

ただ、なかなか病院なんて行く時間がない方も多いとおもいます。

めんどうだし、時間もかかりますよね。

 

ここで少しだけ治療法についてお伝えします。

  • 日光を浴びない
  • 発症した薬をやめる
  • 日焼け止めの原因の場合は使用をやめる
  • 抗アレルギー剤の使用

 

日光を浴びないようにする

この日光をあびないようにするのは、まずやってください。

紫外線アレルギーが発症してしまうのは、日光の中の紫外線によるものです。

ですから、原因が薬や化粧品などであっても、なんでもとにかく日光を浴びないようにすることです。

 

発症した薬をやめる

紫外線アレルギーを発症しやすい薬があります。

  • 抗うつ剤
  • 血圧降下剤
  • 抗生物質
  • 化膿止め薬
  • シップ

薬の成分と紫外線が反応してしまって、アレルギーが発症してしまうことがあります。

日焼け止めや化粧品も同じように、反応してしまったらとりあえずはやめて、様子をみるか、すぐに病院へいきましょう。

 

抗アレルギー薬を使用する

治療法の1つとして、抗アレルギー剤、ステロイド薬を使用します。

飲み薬、または塗り薬です。

もちろん自分で決めてやるわけではないので、お医者さんにみてもらってからにしましょう。

 

紫外線アレルギーの予防 対策方法

紫外線アレルギーが出てしまった方や、アレルギー素因のある方は予防、対策をしっかりしましょう。

花粉症のように突然くることがあるので、対策はしておくべきです。

それでなくても、紫外線はシワ、シミの原因ですから、美肌のためにもやって損はありません。

逆に対策をしなければ、老化は進みシワが増え、シミだらけの肌になります。

 

日焼け止めを使い分けてしっかりぬる

紫外線は4月から9月ごろが強くなります。

ただし、春から夏だけ紫外線が降り注ぐわけではないです。

実は1年中紫外線は降り注いでいて、曇りの日も雨の日も、冬でも紫外線は降ってきます。

 

ですから、日焼け止めは必要なんですね。

日焼け止めは塗り直さなくてもいい?本気のUV対策

こちらの記事にあるように、紫外線にはAとBがあって、ガラスを通すものと通さないものがあります。

家の中だから安心ではないので、注意です。

 

でも、ただ日焼け止めをしっかり塗るだけではいけません。

外的要因にお伝えしたように、日焼け止めの成分に肌が反応してしまうこともあります。

化粧品でも、日焼け止めでも、まずはパッチテストで自分に合うかを面倒でもやるべきです。

肌トラブルが起こってからでは、後悔してもおそいですからね。

 

また、先ほどの記事にも書いてありますけど、〈SPF50+〉のように強い日焼け止めばかり使っていると、肌にダメージをあたえてしまいます。

ですから、日によってまたは行く場所によって、日光の強さによって使い分けることをおすすめします。

 

肌をまもるためだったのに、逆に肌アレにあっていたらいやですからね。

 

外出を控える 外出の時間帯を考える

紫外線をあびないためには、外へでないようにすることです。

ただし、すでにお伝えしたように家の中は紫外線が入ってこないわけではないので、日焼け止めぬったほうがいいですね。

 

でもそとへ出なきゃいけないときは、外出する時間帯に気を付けましょう。

1日のうちで紫外線量が1番多いのはやはりお昼です。

朝早くか、夜の間にできるだけ外出するといいですね。

 

日傘、帽子、服、サングラス

紫外線を浴びたくないから外に出ないというわけにはいかないですよね。

そとに出なきゃいけないことばかりです。

 

外出するときは、紫外線対策をしっかりしましょう。

日焼け止めはもちろんです。

他には、日傘、帽子をつかったり、長袖の服やラッシュガードなど、日光に当たらないようにすることです。

また、目もおなじように紫外線ダメージはありますし、アレルギーもでます。

サングラスで目を守りましょう。

日傘だけでは、道路や建物の照り返しもあるので、さらに日光から守りたいときはやっておくべきです。

 

紫外線に負けない食事 睡眠 ストレス

紫外線対策は、紫外線を浴びないようにすることだけじゃないんです。

体の中から紫外線に負けない体をつくることもできます。

 

バランスの良い食事をとる

病気でもなんでもそうですけど、やっぱりバランスの良い食事をとることです。

特に紫外線を浴びたとき、肌や体をシミ、シワを予防してくれる成分があります。

アスタキサンチンの効果で美肌に

美肌効果の高いビタミンC誘導体

 

紫外線を全く浴びないということは絶対むりですので、浴びても回復する体づくりが必要です。

特にダイエット中などは、栄養の偏りがおこりやすくなります。

 

十分な睡眠をとる

食事と同じように寝ることは人間にとってとても大切なことです。

体を休め、免疫力をあげます。

体の本来の力が出せるようにしておかないと、何か起きたとき、一気にくずれていきます。

ほんのささいな細菌にまけてしまうことだってあります。

 

仕事や家事、育児が忙しくて時間がとれないこともあるとおもいます。

そんなときは効率よく、時短を考えて、休める時間をつくるようにしましょう。

なかなかむずかしいですけどね。

 

ストレス解消で免疫効果をたかめる

ストレスは体の調子をくずす大きな原因の1つです。

昔から「病は気から」というように、心と体はとても密接な関係にあります。

心が弱っていると、体も弱って、免疫力も不安定になりかねません。

 

とくにストレスは心の病につながりやすいものです。

なかなかストレスをためないのは、時間と同じようにむずかしいです。

そんなときは、ストレスを発散する方法を探しましょう。

 

ストレスの発散は人それぞれ。

旅行や映画、音楽、DVD、本、ゲーム、カフェ、食事、運動、睡眠など、自分が今1番したいことを何も気にせずやってみましょう。

中でも仲のいい友達などと、さわぐのがいいですよ。

あなたの好きな部屋をつくるのもおすすめです。

毎日生活するところですからね。

 

なるべく日光に当たらないようにする

日の当たる時間をさけることも紫外線対策ですけど、どうしても出かけなきゃいけないことばかりです。

そんなときは、なるべく日光にあたらないように移動するです。

 

日の当たる昼は、地下鉄にのって、地下道をあるき、建物を通る。

地上をあるくときは、建物の影をなるべく通って、直接日にあたらないように心がけます。

 

紫外線アレルギーの日焼け止め・化粧品の選び方

外的要因でお伝えしたように、紫外線アレルギーの原因に日焼け止めがあります。

本来は肌を紫外線から守るべきものなのですけど、逆にダメージになってしまうことも。

 

日焼け止め【紫外線吸収剤】(きゅうしゅうざい)は注意?

すでにお伝えしたように、日焼け止めに入っている成分が、アレルギーを引き起こすことがあります。

その成分は【紫外線吸収剤】(しがいせんきゅうしゅうざい)と呼ばれるものです。

 

肌の上で化学反応を起こして紫外線を肌にとおさないようにします。

この反応が肌によくない場合があるのです。

 

日焼け止めは【紫外線散乱剤】(さんらんざい)をつかう

では、日焼け止めは何を選べばいいのかというと、

【紫外線散乱剤】(しがいせんさんらんざい)がはいっているものです。

 

これは、紫外線を反射させて肌に通さないようにするものです。

化学的な反応がないので、吸収剤とくらべると肌にはやさしくなっています。

 

日焼け止めは塗り直さなくてもいい?本気のUV対策

こちらで吸収剤、散乱剤の成分をお伝えしています。

 

肌は保湿を

紫外線対策だけじゃなく、毎日の肌のお手入れにも肌の保湿はかなり重要になります。

紫外線で焼けてしまった肌は、乾燥しがちです。

肌も大きなダメージをうけているので、保湿をしっかりしましょう。

 

そして、化粧水など外側だけでなく、内側からも保湿ケアしてあげてください。

最近では、飲む日焼け止めなど、サプリメントも多くでてきました。

内側からの美白ケアは、食事だとかなりの量の野菜、果物が必要です。

サプリメントなら簡単に補えるのでいいですね。

 

肌が荒れてしまってからでは、なかなか戻るのに時間がかかります。

ですから、日に焼ける前から肌のケアをしておくのがおすすめです。

 

紫外線アレルギーまとめ

紫外線が肌に良くないからと言って、紫外線を浴びないようにするのは、不可能です。

日光に当たるとビタミンDが作られたり、うつ病の治療にも日光浴が有効です。

また、生活習慣を整えるための体内時計の調整も日光が有効。

 

悪いことばかりではない日光ですけど、つよすぎる紫外線は注意してください。

紫外線アレルギーが発症してしまうと、花粉症と同じようになかなか治りません。

すぐに病院へいくことがまず第一です。

 

でも、そうなる前に、紫外線対策、予防はしっかりしておくべきです。

紫外線は、肌にダメージを与え、シミ、シワ、肌荒れを起こしてしまいます。

 

美肌、美白肌のためにも対策をしてください。

30歳を超えて、シミだらけの肌をみると悲しくなります。

大切なことは意識することです。

めんどうなことがおおいですけど、後悔してからではおそいです。

 

 

コメント