オーガニックコスメの美容効果 敏感肌や肌荒れにはナチュラルコスメ

オーガニックコスメの美容効果は

肌にやさしいとされているオーガニックコスメ。

植物由来の原料で、無添加の化粧品です。

その植物は有機栽培でつくられています。

ですから、ケミカル保存料や添加剤がないのでやさしいんです。

 

敏感肌や肌荒れの方が使える化粧分です。

でも、肌にはやさしくても美容効果はどうなんでしょうか?

 

また、自然派コスメとの違いや効果もお伝えします。

オーガニックコスメを見直すキッカケになるかも。

 

オーガニックコスメの美容効果

Cosmetics of plant origin

植物由来のオーガニックコスメ。

肌にやさしいから、効果もやさしいのでしょうか?

美容効果はどうなんでしょうか?

 

植物由来の化粧品はオーガニックだけじゃありません。

自然派コスメのナチュラルコスメもそうです。

では美容効果やナチュラルとの比較をみていきましょう。

 

オーガニックコスメとは

オーガニックコスメとは

そもそもオーガニックコスメとはどんなものなんでしょうか?

オーガニックは農薬やケミカル肥料などを使わない有機栽培です。

有機栽培とは 化学肥料、農薬をつかわずにつくられたもの。

野菜や果物ですよね。

そして、お肉なども、オーガニックの植物をたべてそだてられているのもあります。

 

無添加の有機農法でつくられたものは、オーガニック認定を受けて証明されています。

そんな有機野菜、オーガニックでつくられたコスメです。

 

素材が無添加ですから、肌にもやさしいわけです。

敏感肌や肌荒れにはオーガニックコスメでやさしくケアですね。

 

オーガニックコスメは美容効果が弱い?

美容効果はひくい?

肌にやさしいことはわかりました。

そこで、気になるのはオーガニック化粧品の美容効果ですよね。

やさしい分、美容効果もやさしいと思っているかたもいます。

 

オーガニックですから、もちろん無添加で本物はすべて植物由来です。

肌に負担になるものがはいっていません。

ですから、肌本来のはたらきをカバーするという感じです。

 

元々人がもっている肌をすこやかに保つ力を正常にするということ。

よく肌のターンオーバーを耳にすると思います。

健康的な肌は肌の細胞も健康で、ターンオーバーも整っています。

人間の自己治癒力も高いわけです。

そんな力をひきだしくれる美容効果が期待できます。

即効性は感じられないかもしれません。

ですから、毎日こまめにケアすることが大切です。

 

先進コスメと比べるとちょっと効果が弱いように感じるかもしれません。

肌の奥へと美容成分を浸透させるには、肌のバリヤを外すと効果的。

そして、浸透させて肌を外からカバーする感じです。

 

そんなケミカルコスメとくらべると、オーガニックコスメは現状ある美を保つイメージです。

そして、続けていくことによって、肌そのものの力を保つ感じですね。

じゃあ、オーガニックよりも先進コスメの方が効果が高いのでしょうか?

 

オーガニックコスメより先進美容コスメ?

Chemical cosmetic has high beauty effect

今ある化粧品のほとんどが、防腐剤などが添加されています。

美容成分だけだと、長持ちしないからです。

この添加物によって肌が合わない方がいます。

 

オーガニックは防腐剤のかわりになるものがはいっています。

腐食をふせぐのものもちろん植物性由来です。

 

ケミカルコスメの美容効果は高く、アイテムの数も多いので自分にあったものが選べます。

また、美容成分を浸透させるため、研究されています。

オーガニックコスメよりも効果が早くあらわれやすい感じです。

 

ナチュラルコスメとオーガニックコスメの違い

Natural cosmetics

自然派コスメともいわれるナチュラルコスメ。

オーガニックと同じような感じがしますよね。

でも、同じものじゃないんです。

 

ナチュラルコスメもオーガニックも植物由来の化粧品です。

でも、ナチュラルはオーガニック認証をうけていません。

植物由来だとしても、使われているものが有機栽培じゃないんです。

オーガニックコスメは逆に使用植物由来成分も有機栽培された安全な植物なんです。

 

また、ケミカル成分もはいっていることがあります。

石油由来の成分ですね。

主な原料は植物でも、ナチュラルと呼ばれるので安心してしまいがち。

添加物も、オーガニックとは違って使われていることがあります。

 

ナチュラルはケミカルコスメと同じで、オーガニックコスメよりも美容効果は高め。

即効性が高く感じるものが多いです。

 

人にやさしいオーガニックコスメを使うなら、ちゃんとオーガニック認証を受けてあるかチェックしてから使ってみるといいですね。

 

オーガニックコスメを使う時

オーガニックコスメをつかう

オーガニックコスメは、ケミカルやナチュラルコスメより肌にずっとやさしいことがわかりました。

じゃあ、オーガニックコスメが美容に1番いいというわけでもありません。

大切なのは、肌にあうかです。

 

美容効果が高く、即効性も感じられる先進美容コスメ。

そんなケミカルコスメも肌に合っていれば特に問題はないですよね。

 

ただ、人によってはオーガニックコスメを使わないといけない時があります。

敏感肌や肌荒れの時です。

添加剤にアルコールや乳化剤、防腐剤がはいっていると、肌が反応してしまう敏感肌。

また、肌が荒れてしまって、今まで使っていた化粧品がつかえなくなってしまった時。

こういったときは、オーガニックコスメを試してください。

時間はかかるかもしれませんけど、少しずつよくなっていくかも。

 

美容成分を浸透させるにはブースター

オーガニックコスメやナチュラルコスメの効果をたかめる方法があります。

それは、美容成分をちゃんと浸透させることです。

 

肌はとにかく保湿です。

乾燥しやすくなる年齢からは、オーガニックやナチュラルはちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

目元や口元などの乾燥が気になり始める時があります。

そんな時は、化粧水や乳液だけじゃなく、エイジングケアコスメを試してみてください。

 

オーガニックやナチュラルは毎日のケアが必要

肌につかうものだから、なるべくならやさいい化粧品をつかいたいですよね。

オーガニックコスメが最もやさしい成分でできています。

でも、ナチュラルコスメでも無添加や植物由来ですので肌にはやさしめ。

美容効果をかんがえるならナチュラルがいいかも。

肌のシミやハリ、美白には毎日のケアが必要です。

即効性はむずかしいですから、こまめなケアを忘れないことです。

 

まとめ

スキンケアコスメは自分にあうアイテムが1番です。

ただ、長い間つかっていても、年齢によって体は変化します。

また、コスメも日々の研究によっていいものがどんどんでてきています。

 

オーガニックやナチュラルの美容効果は薄いといわれていました。

でも、最近では美容分野の研究によって効果もたかまっています。

ただ、肌トラブルをさけるには肌にやさしいものですよね。

ちょっと最近、肌荒れが多くなったと感じたら、スキンケアコスメの見直しを考えてみてください。

コメント