シミを消す方法 4つのタイプの原因と美白方法 確実はレーザー

How to eliminate skin spots出来てしまったシミに悩んでいませんか?

若い頃はシミができても、いつのまにか消えていました。

でも、最近できたシミがなかなか消えない。

 

そんなシミ対策には美白ケアを続けることです。

今まで通りのスキンケアじゃ増えたり、濃くなっていきます。

 

シミを確実に消すなら美容外科のレーザーです。

でも、自宅でも対策できます。

ここでは、シミのタイプや原因、美白方法をお伝えします。

美白は続けてこそ、効果があらわれますよ。

シミだけじゃなく、肌の明るさやハリまでも。

 

シミを消す方法は? 4つのタイプの原因と美白方法

Ultraviolet rays cause spots

肌のシミの原因はさまざまです。

  • 紫外線
  • ホルモンバラスの変化
  • 肌代謝能力の低下
  • メラニンの蓄積
  • 肌への摩擦ダメージ
  • 乾燥
  • 寝不足
  • ストレス
  • 疲れ

これらの原因によって、シミが目立ってきます。

でも、みんな同じ形や色のシミじゃないですよね。

人によって、シミの形や色などは違います。

多くの原因は紫外線によるものです。

ここでは、4つのタイプ別のシミ対策と原因をみていきましょう。

 

濃いポツポツシミ 目立つ前にケア

Outstanding skin stain

ぽつぽつと小さなシミが目立ってきていますか?

薄いシミから濃いシミまで、点々とできます。

そばかすも多く、シミもできやすい。

そんなポツンとできるシミの原因とお手入れ方法です。

ポツポツシミの原因

シミは紫外線によるものが大きいです。

日焼けは肌を黒くします。

黒くするだけじゃなく、シミにもなりやすい。

紫外線対策をおこたっているとどうなるのでしょうか?

メラニンが肌に蓄積していきます。

 

また、スキンケアが適当になっていませんか?

忙しさや、時間がない理由でスキンケアをしっかりしていない方も多いです。

適当なスキンケアも肌ダメージが溜まっているかも。

 

蓄積しているメラニンは、ある時期になるとでてきます。

年齢やホルモンバランスの変化でシミに。

シミが濃くなってしまうと消すのが大変です。

時間がかかるので、じっくり美白ケアを続けていきましょう。

ぽつぽつシミへの美白ケア方法

ぽつぽつとあるシミには、ピンポイントケアが効果的です。

美白美容液をたっぷりつかいます。

 

シミができているところは肌が固くなって浸透しにくいです。

ですから、まず肌をやわらかくしてあげましょう。

そのためには、古い角質をとってから化粧水です。

クレイタイプの洗顔料で、やさしく角質をおとします。

ピーリングもたまにはいいですね。

 

次に化粧水で肌をやわらかく浸透しやすくします。

ここでも美白化粧水がいいですね。

そして、美白効果のある美容液をたっぷりぬります。

シミのあるところを中心にピンポイントにたっぷりぬりましょう。

そのまま寝てしまってOKです。

つづけることで、シミだけじゃなく肌の明るさにも期待できます。

 

もやもやシミは広がっていく前に

Spreading skin spots

肌にモワーっと広がっているもやもやシミです。

ホホのあたりに薄いシミがもやもやとできている方。

薄くて赤みがかかった細かいシミ。

そんなシミは紫外線によってさらに増えるかも。

もやもやシミの原因

少しずつ広がっていくもやもやしみの原因です。

赤色のシミは肌の炎症の場合があります。

デリケートな肌ですね。

炎症はシミをつくるサインを出しているとわかってきました。

日本人女性は角層が薄い方が多いです。

刺激を受けやすいんです。

そんなデリケートな敏感肌は肌ダメージを抑えることです。

シミの原因に紫外線はもちろんですけど、他にもたくさん。

特にデリケートな肌は、知らないうちに傷つけている場合も。

  • クレンジング
  • 洗顔
  • スキンケア

メイクオフや洗顔、スキンケアの時、肌をさわりすぎているかも。

また、強くふき取ったり、ゴシゴシ洗いもダメージになります。

  • 乾燥
  • 大気汚染

部屋や職場が乾燥しているのも、もやジミの原因の可能性もあります。

 

肌が炎症をおこすと、赤いシミになりやすいです。

メラニンは本来は肌を守るためのものです。

紫外線によってできる活性酸素を消してくれます。

でも、過剰なメラニンはシミになります。

肌がダメージを受け続けているとどうなるのでしょうか?

メラノサイトがメラニン色素をどんどんだします。

すると、シミになっていきます。

本当なら、肌のターンオーバーで外へ押し出され落ちるんですけどね。

メラニンが出すぎ、色素沈着でシミになってしまいます。

もやもやシミの美白方法は

赤いもやもやシミは、まず肌の炎症を改善します。

クレンジングオイルは刺激が強めです。

クリームやバームなど、やさしめのものに変えてみるのもいいかも。

また、メイクオフもスキンケアも肌へのタッチはやさしくです。

クレンジングの種類はこちら

クレンジングの種類と違いと特徴 選び方はメイクの濃さで
クレンジングって、どう選んでいますか? 肌にやさしいからと洗浄力の弱いクレンジング選んでいませんか? 毎日使うものだから、適当に選んではいけないんです。 クレンジングは種類がたくさんありますよね。 違...

洗顔は、泡でやさしく洗うこと。

クレンジングやスキンケアはたくさん出して使います。

なるべく肌にさらわる回数をへらすのもいいですね。

 

美白美容液もやさしく重ねぬりです。

抗炎症のものを使うのもいいですね。

肌炎症をおさえるために、とにかくやさしくスキンケアです。

 

肌の奥にみえる潜在シミはUVケア不足

Skin spots include UV care

肌の表面には、それほど目立つシミがなく安心していませんか?

よく肌をみてください。

うすい潜在シミが広がっているかもしれません。

美白ケアしているつもりになっていてはダメです。

肌の奥にみえる薄いシミは、これからどんどんハッキリしてきます。

肌の奥に見える潜在シミの原因

肌の奥にうすいシミが眠っている場合は、紫外線予防を適当にしている可能性が。

また、紫外線によるメラニンの蓄積もあります。

薄いシミが、少しずつ濃くなっていきます。

美白コスメをつかっていても、適当な使い方だと効果がうすくなってしまいます。

シミが出てくる前に、美白ケアをすぐに始めましょう。

肌の奥にねむるシミの美白ケアは

肌の奥にねむっているシミを肌の表面にださないようにします。

そのためには、まずはしっかりUVケアです。

適当にやっていた日焼け止めもちゃんと塗りましょう。

これ以上なるべくメラニンを出さないように。

 

美白ケアは効果をあげるために、肌の浸透力強化です。

ポツポツシミのところでお伝えしました。

シミのある肌は固くなり浸透しにくい肌になっています。

まずは、肌をわらかく美白化粧水や美容液を効きやすくしたいですね。

 

ストレスシミは疲れやストレスで濃くなる

The cause of skin spots is stress

疲れや寝不足、ストレスなどでシミが増えてしまうことがあります。

最近、脳がストレスを受けるとメラノサイト活性、炎症がおこることがわかってきました。

シミは誰にでも潜在しているものです。

シミは肌のターンオーバーで本来は落ちていきます。

でも、それ以上に肌がつかれてしまっていませんか?

新しい肌がちゃんと生まれてくることでキレイに。

ストレス疲れシミの原因

肌のトラブルになりやすいのが、寝不足や疲れやストレスです。

体の代謝がにぶくなるので、肌のターンオーバーが乱れがちに。

肌代謝が悪いとメラニンが外へでにくくなります。

 

また、肌荒れなども起こりやすくなります。

ですから、ストレスを解消できるといいですね。

ストレスでの肌荒れはこちら

ストレスで肌荒れに? 美肌になる毎日ストレス解消法
ストレス知らないうちに溜めていませんか? 毎日しっかりスキンケアしているのに、肌荒れで悩んでいませんか? なかなか改善できない肌はストレスが原因かも。 仕事や家庭、人間関係や将来の不安など、最近はストレスに...

でも、働いてたら忙しいし、そんなことやってられない方は多いはず。

まずは美白スキンケアです。

そして、毎日すこしでもストレスを解消できるようにしましょう。

ストレス疲れシミの美白ケア

ストレスや疲れの解消は、まず十分に休むことです。

でも、忙しいし休む時間もなかなかとれない。

色々考えてしまってストレス解消もできない。

そんな方にこれ以上スキンケアをもっとしっかり、なんてできないですよね。

そういう時は、スキンケアコスメの見直しを。

美白ケアアイテムに替えるのはもちろんですが、効率的なものもオススメです。

私は、朝の忙しい時、美容マスクで時短しています。

めんどうな時や、疲れている時は夜も美白マスクすることもあります。

 

シミの部分はメラニンが作られ続けている

Spots continue to be made melanin

最近の研究で、シミができている部分はメラニンが作られ続けていることがわかりました。

日焼けした黒い肌はうすくなりますよね。

でも、シミができてしまうと元にもどりません。

色素沈着といわれてきました。

シミができてしまうと、その場所にずっと残ってしまいます。

ですから、予防改善方法として、UVケアと美白ケアが必要なんです。

 

効果の高いシミを消す方法

Turn off spots on your skin

シミケアをして美白肌にするには、時間がかかります。

美白美容液をたっぷりぬっても、シミは1日では消えません。

肌のハリツヤは違いますけどね。

出来てしまったシミを薄くすることはできます。

でも、確実消すことは難しいです。

そこで効果の高いシミを消す方法です。

それは美容外科や皮膚科での治療です。

 

すぐにシミを消すならレーザー治療

Search for methods to eliminate skin spots

出来てしまったシミや肝斑、そばかすはレーザーで消すことができます。

シミを消す方法では1番効果が高いと言えます。

毎日時間をかけて薄くしていく美白方法とはちがい、シミを消すことができます。

即効性があり、自分ではなかなか効果がなかったシミも短期間で消すことができます。

よく高額でお金がかかるとか、施術後が大変とか聞きます。

でも、最近では機器の性能もあがっています。

痛みが少なくなっていますし、次の日も仕事にもいけます。

また、シミの種類別で治療方法もちがうので、確実です。

さらに、シミだけじゃなく、肌ケアをトータルで見てくれます。

予防などの相談もできます。

高い美白スキンケアアイテムを長い間つかうよりも、スッキリ消してしまった方がいいかもしれません。

レーザー治療のメリットデメリット

どんなものでもメリットデメリットはあります。

レーザー治療でのシミ取りは、消すことができます。

でも、値段や術後が不安だと思います。

シミの種類や治療する機器にも違いがあります。

 

シミや肝斑を消すことができるレーザー治療は美容皮膚科です。

美容外科と言えば品川美容外科ですよね。

美容皮膚科と美容外科の両方できる品川スキンクリニックです。

シミや肝斑などの皮膚の悩み以外にも、二重や肩こり、腰痛まで相談できます。

⇒『美容皮フ科』といえば、実績と信頼の品川スキンクリニックはこちら 

メリット
  • シミ除去の効果が高い
  • 時間がかからない
  • メラニン色素のみを狙える
  • 肝斑も治療可能
  • 次の日も活動可能
デメリット
  • クリニックに行かなきゃいけない
  • 高額になることも
  • 肌にレーザーを当てるので精神的不安
  • スキンケアをしないとシミがでてくる

 

シミの種類

The type of skin spot is

冒頭ではポツポツシミやもやもやシミなど、わかりやすくご紹介しました。

シミにも詳細な種類があります。

  • 雀卵斑(じゃくらんはん)そばかす
  • 老人性色素班
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
  • 肝斑(かんぱん)
  • 炎症性色素沈着

簡単にどんなものか見てみましょう。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)そばかすは遺伝だけじゃない

雀卵斑はむずかしい名前ですけど、そばかすのことです。

遺伝によるものがあり、小さいころからでもでます。

また、紫外線や肌への負担で濃くなることがあります。

 

改善方法は、レーザー治療や美白スキンケアです。

そばかすには光治療器が有効で、腫れたり、跡ものこりません。

ただ、治療中はすこし痛みがあります。

また、そばかすは1回ではなく、月一回を5回程度行く必要があります。

 

老人性色素班 多くの場合がこれです

Aging increases skin stain

紫外線やエイジングなどでできるシミです。

メラニンの蓄積で出てきます。

UVケアを適当にしていたり、若い頃の日焼けでできやすくなっています。

 

美白スキンケアで改善ができます。

でも、濃くなってしまったシミを消すには美容外科です。

 

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)とは?

What is ADM?

肌の深いところにできるメラニンの沈着です。

他の種類のシミよりも深い真皮層にできます。

20代から、30代にかけて多くみられるようです。

アザとして見られるようですけど、見た目はシミです。

ホホや頬骨のあたりにポツポツできます。

他のシミと見分けがつきにくいです。

ですから、美白ケアをしっかり続けていても、なかなか効果が表れない時はうたがったほうがいいかもしれません。

 

原因は遺伝性があるといわれています。

他には、紫外線やエイジング、ホルモンバランスの乱れでも。

治療法は、レーザー治療になります。

 

肝斑(かんぱん)は消すことができる

Liver spots can be erased

女性特有のシミ、肝斑(かんぱん)です。

ストレスやホルモンバランスの乱れなどでできます。

30代から40代にできる方が多いです。

更年期や妊娠など、ホルモンの変化時にできやすいです。

紫外線の影響もあります。

 

改善方法は、美白スキンケアでうすくなることはあります。

でも、なかなか消すことがむずかしいです。

皮膚の炎症改善、肝斑の改善にはトラネキサム酸が使われています。

色も濃く大きくなります。

ですから、レーザー治療が確実です。

以前はレーザーでは肝斑は治療できませんでした。

でも、今は技術が進んで肝斑も美容外科でレーザー治療できます。

 

炎症性色素沈着はニキビや傷に注意

Spots that can be caused by inflammation of the skin

炎症性色素沈着は、ニキビの跡や傷の跡がシミなったりします。

肌へのダメージが大きいとできることもあります。

顔だけじゃなく、わきやひじなどの黒ずみも炎症性です。

時間がたつとうすくなります。

自宅での美白ケアも効果的です。

ただ、紫外線には注意。

落ちにくく濃くなるので、紫外線対策は必須です。

 

改善方法は、美白スキンケアになります。

このスキンケアの時に注意です。

スキンケアは肌ダメージを与えないように。

炎症をおこしやすい方にも注意です。

 

シミの原因つくっていませんか?

Creating the cause of skin stains

シミの大きな原因は紫外線です。

日焼けは肌へのダメージ大です。

日焼け対策をしているから大丈夫じゃないですよ。

美肌には、紫外線対策と美白ケアが必要です。

でも、シミの原因になると分っていてもやってしまうことありませんか?

  • 日焼け止めを適当にぬって外出
  • 若い頃の日焼けのツケ
  • 野外への外出が多い
  • 美白スキンケアの時間がない
  • 美白ケアをはじめてもすぐにやめる
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 出産しても美白対策していない

UVケアや美白ケアは肌にはいいとわかります。

でも、やらなかったり適当にしてしまうことありますよね。

また、疲れていたり、忙しいと時間がありません。

ですから、スキンケアも適当になってしまいます。

シミの原因と対策がわかっていれば、あとは続けるだけです。

 

まとめ

できることなら今すぐにでも消したいシミ。

シミの種類によって対策も違ってきます。

出来てしまったシミは、自分で美白ケアすると時間がかかります。

美容外科や皮膚科なら即効性はあります。

でも、顔にレーザーとかちょっと怖いですよね。

レーザー機器の性能も上がっているので以前ほどじゃないですけどね。

 

1番いいのはシミができないよう予防することです。

肌に1番こわい紫外線は完全に浴びないのは無理です。

ですけど、日焼け止めやサプリなど、出来ることはしっかりしましょう。

そして、美白ケアも併せてわすれずにです。

コメント