シミを消したい! 誰でもできる食べ物でシミ対策 

シミを予防には食事が大切

シミができるとすごく落ち込みます。
老け顔にみえてしまったり、年齢を感じてしまいます。
メイクはシミを消すために濃くなります。
ですから、ナチュラルメイクもできません。

今回は食事によるシミケアです。

シミ対策は、美白スキンケアや美白サプリメントがあります。
美白アイテムも使いつつ食事を見なおしてみましょう。

普段の食事を意識することで、シミ予防になります。

シミができてしまったら、すぐに消したいですよね。
シミは早めの対応をしなければいけません。

 

シミ予防には毎日の食べ物から

シミ予防は毎日の食事から

顔のシミやシワの即効性対策は美容医療です。
化粧品やサプリメントではすぐには消せませんよね。

でも予防をすることはできます。
毎日の食事です。
シミを予防して、美肌を手に入れましょう。

シミ、美白に毎日の食べ物を見直してみてください。

 

ビタミンCで美白肌へ

レモンにはビタミンCが豊富

美白と言えばビタミンCです。
シミにビタミンCは外せません。

ビタミンCは、メラニンの生成をふせぐ力をもっています。
また、高い抗酸化作用をもっています。
メラニンの沈着も防ぎシミ予防にもなります。

ビタミンCの効果

  • シミ
  • 日焼けによる炎症を防ぐ
  • シワ改善
  • ニキビ改善
  • 代謝促進

ビタミンCは体内で作ることができません。
外からとらなければいけません。

時間と共に体の外へでてしまいます。
1度にたくさんとるのではなく、少しづつこまめにとるといいですね。

柑橘系に多い光毒性ソラレンに注意

ビタミンCは肌のために取りたい栄養です。
でも、柑橘系にはソラレンという光毒性の成分がはいっているものがあります。

ソラレンは紫外線に反応して、吸収しやすくなります。
日焼けしやすくなります。
レモンが美白にいいからと、朝たくさん摂るのは控えましょう。

紫外線にあたらない夜がいいですね。

↓詳しくはこちらをどうぞ。

ソラレン【光毒性】の多い食品がシミの原因に 朝食で紫外線に注意

 

ビタミンCをたくさんもった食べ物

ビタミンCは柑橘類に多くはいっています。
また、アセロラ、グレープフルーツもビタミンCが豊富です。

ビタミンCが豊富な食べ物ベリー系はビタミンCが多い

  • いちご
  • アセロラ
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • キウイフルーツ
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • ゆず

 

ビタミンEで抗酸化と新陳代謝

かぼちゃはビタミンEが多い

シミ、そばかすには、肌を酸化させないことです。
体の中の脂質や細胞の酸化を防ぐことで、サビ、老化をとめてくれます。

ビタミンEがたりないと、体の酸化防止の働きが弱くなります。
酸化を予防すると、老化、シミ、肩こり、頭痛などにも。

ビタミンEはビタミンCと同時にとるといいですよ。
抗酸化活動をした後のビタミンEを、さらに働かせてくれます。
そのため、さらに効果が期待できます。

ビタミンEをもった食べ物

ビタミンEは、植物油にたくさんはいっています。
また、魚介類やアボカドにも豊富です。
かぼちゃや魚などの脂がいいですね。

ビタミンEを油やタンパク質と一緒にとると、より吸収されます。

  • うなぎ
  • かぼちゃ
  • ピーマン
  • アボカド
  • 魚介類
  • アーモンド
  • ベニバナ油

ビタミンEサプリをとりすぎると過剰症の可能性も。

ビタミンE過剰症 : ビタミンEをとりすぎると、出血がとまりづらくなったり、頭痛、疲労、吐き気などの症状になります。

ビタミンEのとりすぎてはいけない量は3gとされています。

例えば、アーモンドのビタミンEをみてみると
100gあたり約2.9mgです。
ですから、普段の食事で取りすぎることはほとんどないです。

 

L-システインで肌のターンオーバーをうながす

大豆にL-システインがおおい

L-システインとは、アミノ酸の1種です。
必須アミノ酸じゃないですけど、普段の食事からはとりずらいものです。

この成分のはたらきは、肌のターンオーバーを促します。
また、体のつかれの改善や、二日酔いにも効果があります。

シミ、美白への作用をもうちょっとみてみましょう。

L-システインは肌のターンオーバーの正常化に効果があります。
肌のターンオーバーを正常化してくれます。
うながすことでメラニンを肌の外へと出してくれます。

  • 肌のターンオーバーの正常化
  • 皮膚を守る力を戻す
  • 毛穴の汚れ、つまりを解消

にきびや肌あれにもいいかも。

L-システインをもった食べ物

L-システインは体内でつくられます。
ですので、元になる栄養素を取らなければいけません。

それは、メチオニンです。

メチオニンとは : 必須アミノ酸の1つで食べ物から取らなければいけません。 肝機能を高め、うつ病の改善、、老化防止、育毛に効果があります。

体内でメチオニンがシステインへ合成されます。

注意しなければいけないのは、ビタミンと同じようにとりすぎると、はきけ、めまい、低血圧になります。

ただ、これもビタミンEとおなじです。
普段の食事からのとりすぎはほとんどありません。

L-システインを多くもった食べ物はこちら。

  • 大豆
  • はちみつ
  • かぼちゃ
  • ホウレンソウ
  • マグロ
  • カツオ
  • 納豆
  • 牛乳

 

リコピンの強力な抗酸化作用でシミ予防

リコピンいっぱいのトマト

トマトに多く含まれていリコピン。
トマトの赤はリコピンの赤です。
抗酸化作用が強く、ビタミンEのなんと100倍といわれています。

リコピンは、強い抗酸化力をもっています。

紫外線のダメージ受けた肌は、シミ、乾燥、たるみの元に。
肌が活性酸素によって、さびついてしまう前に守ってくれます。
また、シミの元のメラニンを抑えて作りにくくします。

リコピンは牛乳と飲むと吸収力アップ

Milk and tomatoes

老化を進める活性酸素を抑えてくれるリコピン。
このリコピンの吸収率をあげる方法があります。

リコピンは油にとけやすいです。
ですから、油をつかった料理がいいですね。

リコピンは熱に強いため、成分減少もそれほど心配なし。
オリーブオイルをつかったトマトパスタやスープがいいですね。

もっと簡単な方法はリコピンと牛乳を一緒に飲むことです。
牛乳には脂肪分があります。
脂肪分はリコピンの吸収率をあげてくれます。
トマトジュースに牛乳を混ぜても。

リコピンを多くもった食べ物

リコピンと言えば、やっぱりトマトですね。
他にも、スイカ、ピーマンなどに多く含まれています。

リコピンは火を通すと含有量がふえます。
トマトジュースやトマトケチャップがおすすめです。

  • トマト
  • ミニトマト
  • スイカ
  • ピーマン
  • さくらんぼ
  • ニンジン
  • パパイヤ

 

アスタキサンチンの抗酸化力はビタミンEの1000倍!

アスタキサンチンはカロテノイドと呼ばれる、色素の1種です。
リコピンと同じですね。
カニの甲羅やマダイ、サケの色はアスタキサンチンによるものなんです。

アスタキサンチンの効果は、紫外線から体を守ってくれています。
リコピンと同様に抗酸化作用が強力です。
ビタミンEの約1000倍と言われています。

紫外線によってできた、体をさびさせる原因の活性酸素を取り除きます。
老化を防いで、シミのメラニンを抑え、肌を修復してくれます。
シミの改善、肌のハリ、透明感を取り戻します。

活性酸素とは : 強い酸化力をもっていて、体内へ入った病原菌などを倒すものです。ただし、体内で過剰にできてしまうと、正常な細胞まで攻撃してしまい、違う病気の元になるといわれています。

アスタキサンチンについてはこちら

⇒アスタキサンチンの効果で美肌に ビタミンEの1000倍の抗酸化力

 

アスタキサンチンをもった食べ物

カニやタイの赤い色がアスタキサンチンですので、エビやカニに多く含まれます。

  • エビ
  • タイ
  • サケ
  • イクラ
  • たらこ

アスタキサンチンの抗酸化作用は、トマトに含まれるリコピンの1.6倍、ニンジンに含まれるβカロテンの4.9倍、緑茶カテキンの560倍、ビタミンCの6000倍です。

 

エラグ酸でシミと老化を防ぐ

エラグ酸はポリフェノールの一種です。
抗酸化、美白、エイジングに。

シミの原因、メラニンを作るチロシナーゼ酵素を抑えます。
シミ予防、美白ですね。

エラグ酸をもった食べ物

エラグ酸は天然のポリフェノールです。
ザクロやイチゴに多くはいっています。
ベリー系の果物やブドウ、パイナップルにも含まれています。
特にブラックベリー、ラズベリーなどのベリー系は多く含まれています。

  • ブラックベリー
  • ラズベリー
  • ブルーベリー
  • クランベリー
  • イチゴ
  • ザクロ
  • ブドウ

 

シミができやすい食べ物がある!?

シミの原因の1番は紫外線です。
他にもシミの原因があります。

それは糖分です。

糖化といわれ、肌を老化させる原因になります。
コラーゲンが糖化してしまうと、透明から茶色へと変わってしまいます。
これが肌のくすみのもとになってしまいます。

 

シミ・くすみを作ってしまう食べ物

糖分は肌を糖化させる

 

シミにいい食べ物をご紹介しました。
でも、逆にシミを作ってしまう食べ物もあります。

それは糖分です。

  • 白砂糖
  • ケーキなどのお菓子
  • 炭酸ジュース

糖分はごはんやパンなど、普段の食事にもはいっています。
糖分は体には必要なエネルギーです。

ただ、取りすぎはよくないです。

高血糖も体の糖化につながります。
運動不足もよくありません。

 

糖分の取りすぎからくる糖化対策でシミに

体が糖化するのは、糖分の取りすぎによる血糖値の上昇です。
食事をすれば必ず血糖値はあがります。
ですから、完全にわるいわけではありません。
血糖値が急にあがるのがよくないんです。

糖化の対策として、血糖値を急にあげないことです。
それには、糖の吸収を遅らせること。
野菜を先に食べることです。

野菜サラダや野菜の煮物などです。
ごはんやお肉よりも先に食べて、血糖値をゆっくり上げるようにします。

 

まとめ シミ対策は外側からも内側からも

シミのない美しい肌

シミには体の内側からも対策していきましょう。
食べ物を意識して、普段からとりいれることです。

シミを増やさないように毎日のごはんの食べ方に意識します。
野菜、汁物から食べて、お肉、最後に白米やパンなどの炭水化物です。

痩せる食べ方の基本 やせるには糖質制限よりも食べ方にあり
太らない食べ方していませんか? 太るのは、摂取カロリーが消費カロリーよりも多くなってしまうから。 ですから、カロリーをたくさんつかえばいいんです。 運動ですね。 でも、仕事や家事で忙しいし面倒なので運動は難し...

食事はいつも意識していれば、シミ、くすみなどの肌予防になります。
たくさんの野菜をとるのは大変です。
サプリメントをうまく取り入れるといいですね。

コメント