シミの原因は肌蓄積ダメージだった 仕組みと消える改善方法

Stain Skin Damage

今すぐシミを消したい!

白いキレイな肌にポツポツでき始めたら、すごく落ち込みますよね。

 

そんなシミは人によって色々です。

それぞれ改善方法も変わってきます。

 

ただ、最近の肌研究でわかったことがあります。

それは、シミは肌へのダメージがたまったものでした。

シミの元はメラニンです。

紫外線のダメージが蓄積されるとどうなると思いますか?

その場所にはメラニンがつくりつづけられてしまうんです。

するとシミになるんです。

 

シミの改善方法は紫外線ケアと美白ケア。

まずは、シミができる仕組みを知ることです。

そして、シミへの美白改善方法を続けていきましょう。

 

シミは肌への蓄積ダメージでできる

Women want to erase spots

シミは肌にダメージを受けるとできます。

ダメージにも色々ありますけど、紫外線が大きいです。

日焼け止めや美白ケアをして、シミを防ぎますよね。

 

日焼けで肌が焼け、黒くなります。

そのあと紫外線を浴びなければ、肌は白く戻りますよね。

でも、シミになってしまうとなかなか元にはもどりません。

それはメラニンが出続けているからです。

 

でも、誰もが消したいシミも日々研究されています。

それが最近、肌への蓄積ダメージによるものだとわかってきました。

シミを防ぐ、消すにはまずそのしくみ知ることです。

そして、自分にあった改善方法で美白ケアしましょう。

 

シミはなぜできるの?できる仕組みを知ろう

Why can you get a stain?

シミは主に肌のダメージによってできます。

シミやそばかすができる仕組みはこのような流れです。

肌が刺激、ダメージをうける。

肌を守るためにメラニン色素がつくられる。

ダメージの蓄積、肌の異常などでメラニンがつくられ続ける。

肌のターンオーバーで表皮にメラニンがでてシミになる。

シミの仕組みを簡単にするとこんな感じです。

本来は肌をまもるメラニンがたくさんつくられるとシミになります。

シミができる原因は肌へのダメージです。

 

シミが消えずに残る理由

Why there is stains on your skin

日焼けした肌はターンオーバーによって、白にもどります。

でも、定着してしまうシミはメラニンが作られ続けている。

そのシミの部分は、今のダメージではありません。

今までのダメージが溜まった分なんです。

このことがメナード化粧品の研究でわかったんです。

 

また資生堂の研究からもあたらしいことがわかりました。

シミのあるところと無いところを比較しました。

するとシミのある部分は、毛細血管がふえていたんです。

そして異常にふえた毛細血管からメラニンを作る要素がでているんです。

 

さらに、ポーラの研究でもあたらしい発見があります。

メラニンをつくるメラノサイトは移動していていたんです。

でも、シミの部分にはメラノサイトは多くとまっているんです。

メナードのいうシミの部分はメラニンが作り続けられていると同じことですね。

シミ部にはメラノサイトがとどまり、メラニンを多くつくっていたのです。

 

これらの結果、メラノサイトの停滞を解消する成分。

また、資生堂ではシミ部の毛細血管問題を解消する成分がつくられています。

 

シミの元 肌ダメージの原因は?

The origin of the spot was skin damage

肌へのダメージで大きいものは紫外線です。

真皮まで届くUV-A。

メラニンを生成するUV-Bが肌をやいていきます。

 

他にも、ストレスや乾燥、老化、ホルモンバランス、環境汚染など、肌へのダメージは色々あります。

紫外線でシミがふえる

シミの主な原因は紫外線です。

紫外線はシミだけじゃなく、たるみやシワ、ハリなどにも影響があって怖いですよね。

この紫外線をふせぐには、やっぱり日焼け止めを塗ることです。

また、最近では飲む日焼け止めもあるので、併用するといいですね。

 

紫外線にも種類があります。

家の中にいれば紫外線は大丈夫ではありません。

窓ガラスをぬけてくる紫外線もあるので注意です。

紫外線の詳細についてはこちらをどうぞ。

肌を老化させる紫外線とは? 日焼けだけじゃない肌へのダメージ
紫外線は肌をやきます。 肌に炎症をおこし、やけるだけでなく、シミやそばかすの原因にも。 紫外線は、肌の表面ならまだしも奥まで届きます。 直接的に肌の老化、シワの原因にもなっているんです。 紫外線にはUV-A、UV-B、...

年齢と共にふえるシミ

シミの部分はメラニンの生成がつづいていることがわかりました。

他にも、肌の生まれ変わりによるものがあります。

 

10代、20代は肌に刺激を受けてメラニンがつくらても、肌の生まれ変わりでシミが残ることはあまりありません。

でも、年齢をかさねていくと、シミができやすくなります。

それは肌の生まれ変わり、ターンオーバーの周期が長くなるからです。

 

肌のターンオーバーは人によって違います。

10代20代の周期はだいたい14日間~28日間でうまれかわります。

この時に皮膚と一緒にメラニンが外へはがれ落ちていきます。

 

でも30代40代になるとどうなると思いますか?

このターンオーバーの周期が30日、40日と長くなるんです。

普通ならメラニンは外へでます。

でも、肌に残ってシミになってしまうんです。

 

それでは次にシミの改善方法をみてみましょう。

 

シミが消える?改善方法

Skin spots will disappear?

シミができるメカニズムがわかったら、次に改善方法です。

美白が注目されている今、シミは誰もがけしたいと思うものですよね。

シミが消えるのなら、スキンケアコスメ、食材、サプリなど、どれも試してみたいです。

美白化粧水や美容液をつけたからといって、一晩で消すのは難しいです。

でも、続けることはとても大切です。

それではみていきましょう。

 

美白コスメで対策

Lightening skin care

美白コスメはたくさんあって迷いますよね。

ネットでみると、色んな種類がオススメされています。

もし、美白コスメを選ぶなら、新しいものがいいかも。

資生堂やポーラなど、シミの研究によってあたらしくわかったことがあります。

それを元に、美白化粧水などがつくられています。

 

ただ、美白コスメをつかっているだけではシミは薄くなりません。

紫外線対策もちゃんとやることです。

美白ケアは、メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐこと。

毎日の美白ケアと紫外線予防は必ずしましょう。

そして、ただの白い肌よりも、透明感のある白い肌を目指したいですね。

 

ピーリングで美白

Peel off the spots by peeling the skin

古い角質をとるピーリング。

角質は肌のターンオーバーではがれおちます。

古い角質をおとすことによって、新しい肌に生まれ変わります。

ですから、ピーリングで肌のターンオーバーをうながします。

 

ピーリングはピーリングコスメで自宅でもできます。

クリニックや皮膚科でもできます。

 

ピーリングの効果は、肌のターンオーバーだけじゃないんです。

  • 肌のターンオーバー
  • くすみがとれ肌があかるくなる
  • 黒ずみの除去

ただ、ピーリングに関しては肌への刺激がちょっと不安ですよね。

医療機関ではカウンセリングや術後のケアもあるのでまだいいです。

でも、ピーリング後は角質層がうすくなっています。

敏感になりがちなので、注意です。

 

医療レーザーで消す方法

医療レーザーは効果の高いシミ取りです。

即効性もありますし、専門の先生のアドバイスも受けられます。

ただ、値段が高いです。

シミを消す方法 4つのタイプの原因と美白方法 確実はレーザー
出来てしまったシミに悩んでいませんか? 若い頃はシミができても、いつのまにか消えていました。 でも、最近できたシミがなかなか消えない。 そんなシミ対策には美白ケアを続けることです。 今まで通りのスキンケアじゃ...

よい食事で肌に栄養成分を

Nutritionally balanced diet is good for your skin

美しい肌をもっている女性は、健康的な生活をこころがけているものです。

例えば、キレイな体を保つために、無理なダイエットをします。

体重は落ちても、肌や髪の毛はガサガサになってしまうことがあります。

それは、栄養がバランスよくとれていないからです。

 

食事は、シミにも関係があります。

肌のターンオーバーを保つには、やっぱり栄養が必要なんです。

ビタミン類やタンパク質など、肌をつくる栄養素を意識して食べられるといいですね。

美肌になる食事とは? キレイになるための食生活改善方法
美肌の女性ってキラキラしていて憧れますよね。 メイクよりも、やっぱり本物の美しい肌がほしいです。 でも、美肌って年齢だったり、環境だったり、なかなか手に入らないものです。 美しい肌は、スキンケアも大切ですけ...

紫外線対策でシミをつくらせない

シミの1番の原因ともいえる紫外線対策です。

普通に生活している以上、紫外線を完全にあびないというのは無理だと思います。

でも、日焼け止めを塗るのは当然ですけど、UVカットコスメも当たり前になっています。

日傘やサングラス、建物内を通るなど、予防ですね。

できてしまったシミ消しは難しいです。

だからまずはシミ予防ですね。

紫外線対策 シミやシワ老化の最大原因から肌をまもる8つのこと
紫外線はシミやシワ、たるみなど老化の最大原因。 エイジングケアはまず紫外線対策といわれるほどです。 もう日焼け止め1種類をただ塗れば対策できる時ではないんです。 日焼け止めの種類から、塗り方、サプリメントま...

 

まとめ

シミ対策には、まずシミができる仕組みを知っておきましょう。

また、シミの消える仕組みがわかれば、意識してスキンケアできますよね。

メラニンが大量に出続けているのをなんとかとめたいです。

紫外線予防と美白スキンケアをつづけていきましょう。

コメント