ガサガサ肌が砂糖保湿でツルツルに バリア機能がおちている方に

ガサガサ肌には砂糖で保湿

今回はガサガサ肌をツルツル肌にする砂糖の力です。

ゴワゴワ肌やガサガサ肌ってすごく気になります。
メイクむずかしいし、粉ふいたり、ムズムズして辛いですよね。

そんな肌バリアがない状態には、実は砂糖がいいんです。
砂糖って体にあまりよくないイメージでか?
食べ過ぎるのは問題です。
でも、保湿力の高い砂糖を肌にぬるのはOKです。

うるおいを取り戻せばバリア機能ももどりますよ。

ガサガサ肌に砂糖保湿でツルツルに

なぜ砂糖が保湿してくれるのか

肌が乾燥してガサガサ肌になるとつらいですよね。
とくに乾燥する季節や寒い季節です。
寒いと汗も皮脂もでにくいです。
これが余計にガサガサにさせています。

そんなガサガサ肌を砂糖でツルツル肌に。
砂糖と聞くとあまり美容や健康にはよくないと思われがち。
でも、砂糖の保湿効果はすごいんです。

砂糖の美容効果でツルツルに

砂糖をイメージすると、美容にはあまりよくありません。
糖分を摂りすぎると、肌老化や脂肪がついたり。

でも、それは食べることです。
砂糖を肌につかうことで、絶大な効果があるんです。

こちらが砂糖の美容効果3つです。

  1. 保湿効果
  2. 洗浄効果
  3. 治癒効果

それでは詳しく見ていきましょう。

【保湿効果】水分を引き寄せる力

砂糖には保湿効果に期待できます。

水と砂糖の分子構造はにているため、水にとけやすい。
これは浸透力が強く、吸水性、保湿性が高いんです。
ですから、肌に浸透し、水分をたもつ力があります。

肌をうるおわせることは、肌バリアになります。
乾燥しているガサガサ肌はバリア機能がよわっています。
そんな弱った肌に砂糖がいいんですね。

【洗浄効果】古い角質除去

次に砂糖の洗浄効果です。

肌のターンオーバーってありますよね。
皮膚が生まれ変わっていくサイクルです。
そのサイクルを正常にたもつには、古いものを取り除きます。
砂糖には古い角質を除去する力があります。

ですから、不要な角質を取れば新しい肌に変わります。
また、美容成分も浸透しやすくなります。

【治癒効果】うるおい力のサポート

砂糖には治癒効果もあります。

ずっと寝ていると背中が床ずれをおこします。
その床ずれの治療薬に砂糖がつかわれています。

これは肌が本来持っている保湿機能をサポートするから。
肌はコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成つくります。
肌をまもる保湿成分の生成を活性化させます。

では、そんな美容効果大の砂糖の使い方です。

砂糖洗顔でうるおい肌

砂糖洗顔でうるおい肌へ

砂糖がすごい力をもっていることがわかりました。
そこで保湿するための砂糖の使い方です。

砂糖を水に溶かして使う方法です。
洗顔用のぬるま湯に砂糖をとかします。
だいたい1リットルに大さじ6杯分ぐらい。
砂糖を溶かしたら、肌にやさしくつけます。
4、5回、洗顔したらちょっと時間をおきます。
最後に普通の水かぬるま湯ですすぎます。

これで肌に砂糖の保湿効果が期待できます。
他にも、洗顔料に砂糖をたしてもいいです。
コスメにも混ぜてもいいですね。

ただ、砂糖を肌に使うときの注意点があります。

砂糖を顔に使うときの注意

砂糖の結晶は角がある

砂糖を肌につけるなんてべたべたしそうですよね。
そうなんです。
よくある砂糖を肌につけるだけじゃダメです。
浸透することなく固まってしまいます。
べたついてしまいます。
しかも、砂糖で肌が傷ついてしまいます。

市販の砂糖では肌を傷つける

どこでも買える砂糖では肌によくありません。
それは、市販の砂糖といえば上白糖です。
砂糖の結晶はカクカクしています。
角があるので、肌は傷つきやすいですよね。

顔に使うのはちょっとこわいです。
でも、手ならつかってもいいかもしれません。
手は顔以上にガサガサになりますからね。
うるおいある白い手はあこがれます。
⇒手の美白のためのハンドケアはこちら

しかも市販の砂糖では肌への浸透力もおちます。
そこで、肌のために作られたスキンケアがあります。

みんなの肌潤糖でツルツルに

みんなの肌潤糖でガサガサ肌がツルツルに

ムズムズ肌をツルツル肌にするスキンケアアイテムです。

砂糖をつかっている物では、日本一売れています。
ネットの口コミで話題となり、人気です。

特殊な砂糖を使用

肌潤糖は砂糖を単純につかっているだけじゃありません。
角ばった砂糖を丸い形に変えています。
さらに、オイルでコーティングしているんです。

みんなの肌潤糖は、肌の上で砂糖の粒子がとけます。
するとオイルが砂糖と肌を仲立ちしてくれます。
すると、溶けた砂糖が角質層へ浸透します。

あとは洗い流すだけです。

赤ちゃんのお風呂にもつかえる

砂糖保湿は赤ちゃんにもつかえる

生まれたばかりの赤ちゃんは皮脂量が多いです。
でも、半年ぐらいたつと減っていき、乾燥がちに。

みんなの肌潤糖はそんな小さな赤ちゃんにも使えます。
水をくわえてペースト状にしたら、肌になじませるだけ。
少し時間をおいて、軽く洗い流します。

顔だけじゃなく全身の保湿対策にも

みんなの肌潤糖は顔だけじゃなく、全身につかえます。

水を加えてペースト状にしたものを、気になるところへ。
手やひじ、ひざ、かかとなどガサガサがきになりますよね。
そんなところへなじませた後、少しおきます。
最後にかるくあらいながします。

頭皮にもつかえるので乾燥対策につかえます。

全額返金保証やカウンセリングサポート付き

もし使ってみてあわなかったり、いまいちだと感じたら保障があります。
25日間の全額返金保証付きです。
たとえ使い切っていても、1個分の代金をかえしてもらえます。
ですから、お試しでもつかえます。

また、健康管理士やアドバイザーが相談にのってくれます。
無料なので不安なところや気になるところを相談できます。

原料も安心安全

気になる原料は植物由来です。
着色料や合成香料もつかっていません。
また、放射能試験ずみですので安心です。

良い口コミも多く、ネットで売れ続けています。

乾燥のムズムズやガサガサ。
ゴワゴワ肌をうるおわせて、しっとり感覚。
ツルツル肌を目指しましょ。

⇒ガサガサ肌からツルツル肌へ 【みんなの肌潤糖】で保湿ケアはこちら

ムズムズ肌はバリア機能が落ちている

ムズムズ肌には保湿

もともと肌には、ダメージを防ぐためのバリア機能があります。
でも、乾燥するとこのバリア機能がよわくなります。

肌がガサガサ、ムズムズになる原因をしっておきましょう。

肌が乾燥するとバリア機能がおちる理由

肌が乾燥するとカサカサしますよね。
これは、うるおいが減っている状態です。

じゃあなんで乾燥するとよくないのか。
それは、肌の外側にある角質層に問題がでます。

健康なバリアのある肌は外のダメージから肌をまもります。
また、肌内部の水分も外へでないよう守っています。
そのバリアは十分なうるおいです。
肌がもつ、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。

そんな健康的な肌は乾燥すると、角質層に隙間があいてしまいます。
すると、その隙間からダメージがどんどん与えられてしまいます。
また、肌内部の水分も外へでていってしまうんです。

乾燥っていうのは、こわいんですよ。
ケアしないと悪くなっていくばかりです。
しかも、保湿成分をただ浸透させればいいものじゃないんです。
とどめておくものがない状態ではぬけていくばかりですから。

肌トラブル時にはヒアルロン酸が逃げる

肌のバリアが弱っている状態では、保湿しても効果がうすいんです。
それは、隙間から逃げてしまうから。

保湿成分といえば、コラーゲンやヒアルロン酸ですよね。
これらを肌に浸透させても、ガサガサ肌から抜けてしまうばかり。

そんな肌に、砂糖の保湿力です。

ムズムズゴワゴワ肌にも砂糖がいい理由

ガサガサ肌に保湿力のある砂糖です。

砂糖は高い保水性をもっています。
水分をとりこんで離しにくくなります。
お菓子などに砂糖をつかうと、保水性で安定したりします。
ふわっとしたパンも砂糖の保水力です。

ですから、肌のバリア機能が衰えている時につかってみたいです。
しかも、肌が本来もっている力までサポートします。
コラーゲンやエラスチンを作るためのサポートです。
だから、ガサガサに砂糖でうるおいなんです。

ただ、市販の砂糖を自分で使うのは大変。
また、逆に肌を傷めてしまうこともあります。

そこで、ガサガサ肌のために開発されたみんなの肌潤糖です。
ムズムズが止まらない方にもどうぞ。

⇒ガサガサ肌からツルツル肌へ 【みんなの肌潤糖】で保湿ケアはこちら

まとめ

砂糖のすごい力はどうでしたか?
ガサガサ肌をツルツル肌にできそうですか?

すぐにでもムズムズを止めたい方にもいいですよ。

保湿には色んなコスメがでています。
でも、乾燥している肌にはよく聞く保湿成分よりも砂糖です。

また、安心できる安全なものを使うようにしましょう。

砂糖をつかった化粧水もあります。
保湿成分が砂糖にプラスされています。
うるおいを届けて、さらに逃がさない。

そんなうるおいの砂糖化粧水はこちら

⇒ゴワゴワ肌のための化粧水 みんなの肌潤ろーしょんはこちら